ぼくのいちにち


久しぶり?の晴天と言うにふさわしい天気。

通気と布団干し

テントのフライシートを取ってテント内の湿気を取る。

image

 

そして布団を干す。

image

拾い物貰い物の布団で寝てると言うと不衛生な日々を送っていると思われそうだが、僕は綺麗好きを自称しているのである。

とりあえず布団を干して親の仇のようにパンパンしまくる。

これが意外と疲れるので腕もパンパンになる。

image

この間新しく増えた敷布団。

冬を乗り切るなら布団の枚数がモノを言うと思うんだ。

サンキューゴッド!

 

漬物

作った大根の漬物を先日食べ切ったので、買ったまま放置していたキャベツを漬物にする。image

キャベツをひたすら塩もみ。

ついでに人参も入れておいた。

手がかじかんで赤くなる。

 

漬物にすれば日持ちして調理せずとも気軽に食べられるのが嬉しい。

あとで買っておいた唐辛子やニンニク、生姜を入れてキムチにしてみようと思う。

体温まりそうだし。

 

朝食

朝食はパン、バナナ、レーズン、ウインナー、キャベツと人参の塩もみ(写真撮り忘れた)。

面倒臭かったのでウインナーは非加熱で頂きました。

 

モミジの植え替え

朝食後、コナラの根を抜いた時の穴に仮植えしていた貰い物のモミジを植え替える事にしました。

 

image

モミジがあると、この穴を埋められないのだ。。

image

右上のが移植したモミジ。

左下のが掘り起こした根っこ達。

小さいモミジを植えるにも、クワで根っこと格闘しなければならないので仮植えのまま放置していたのでした。

仮植え中に元気が無くなったモミジも剪定して横に植えといた。

 

image

 

抜根

その後、小屋の建築予定地周辺の笹の切り株や根をクワで掘り起こす(写真撮り忘れた)。

整地された土地であれば、高所作業中に落下しても死んだり、脊椎を痛めて首から下が動かなくなる程度かもしれない。

しかし笹の切り株があると最悪ケツの穴に刺さって変なプレイ中の事故死だと処理されかねない。

それだけは名誉を重んじる日本男児として避けたいところ。

ケツの穴は今の所無傷だけど足の裏は既に何回か刺されているので油断はできない。

 

昼食

image

コンソメスープに、もやし、キャベツと人参の塩揉み、ウインナーを投入。

夕飯の分も含めて多めに作る。

 

丸太集め

何度かチェーンソーを持って通って、枝を払ったり分割したりしていたのだけど、ようやく全部の丸太を二か所にまとめた。

image

 

image

思ってたより多かった。

小屋の一つくらいは作れる量だと思う。

水浴び?

綺麗好きを自負しているのできちんと寒くても水浴びします。

証人はたきびさん

 

洗面器の水に重曹を溶かし、タオルでゴシゴシ体を拭きます。

最近は寒くなってきたので、一昨日くらいからはお湯を使うようになりました。

不思議と体を拭いている時は寒くない。

夕飯

昼食の残りとパスタを頂きました。

 

ブログを書く

今書いてますが、頭洗うの忘れてました。

方法は重曹を溶かしたお湯でゴシゴシ。

洗面器に頭を近づけて結構長く同じ姿勢でやるもんだから、これが腰にくる。

クワを振るより腰に悪そうです。

 

最後に

無理して関節痛めたり怪我したらつまらないので、こんな感じでのんびりやっちょります。

 

それでは頭洗ってきます。

久しぶりの洗濯と雨


久しぶりの洗濯。

面倒くさかったり、丸太を貰いに行ったりして洗濯をないがしろにしていたので、ここいらでまとめて洗いました。

image

手洗いの洗濯で一番厄介なのが脱水で、洗濯機のようにうまくは脱水出来ない。

 

雑巾のように力の限り絞ればいいかもしれないけど、手も疲れるし、洗濯物もすぐ伸びてヨレヨレになってしまいそうなので、軽めに絞ったり、ニギニギしたりする程度。

 

服は全て乾きやすい化学繊維の物だけど、それでも乾きが遅い。

 

この日も洗濯した時は晴れていたけど、すぐ曇ってしまった。

 

嫌な予感。

 

案の定、夕方になっても若干湿っぽい。

夜露で濡れるけど干しっぽなしでいいやと放置する事に。

 

しかし翌日雨だという事をすっかり忘れてました。

image

再びビショビショになってしまった洗濯物達。

 

image

おまけに工具箱(衣装ケース)も若干開いていたので中が濡れてしまった(乾燥中)。

 

テント生活に慣れてきたという慢心が起こした出来事なのであった。。

 

寝る前の天気予報チェック、出しっぱなしの物が無いかのチェック、これを怠ってはいけませんね。。