畳がカビて丸太が腐る


実家に帰る際(3月)に丸太にかけたブルーシートの内、まだ外して無かった奴を今日外した。

 

カ。。カビてる!

 

ま、別に小屋に畳を敷くわけじゃないし、断熱材だけ利用できればいいから別にいっかー。

 

と思ってたけど、畳を移動させようとしたら

ギャース!

畳同士重なっていた所が、ブルーチーズかペニシリンを製造できそうなほどの青カビルンルン状態!

そしてダンゴムシや、ナメクジ、ハサミムシがワラワラと畳の上を這い回っておる。

さすがワラで出来てるだけあるわ(藁

断熱材入りといえども自然素材。

虫たちにとって畳は単なる密集した枯れ草か。

 

ギャース!

畳の下の丸太も被害あり。

畳から垂れてきた畳汁?によって汚れておる。。

水で拭くと汚れは多少目立たなくなるようだがあっさりとは取れないので、正直面倒くさい。

 

ここが一番被害大。

畳と直接触れていた部分。

く。。腐ってやがる

 

 

実家に帰る際、丁寧に縛ったから外すのにためらいがあったんだよねー。

せっかく強風にも耐えられるように縛ったのだから解きたくないなって。

風がシート内に入り込んでるようだったし湿気なんかは平気かなって。。

ブルーシート縛るの地味に面倒なんだもんよ。。

 

あ、あと作業台を2つ作り終えました。

 

昨日今日の話


昨日今日とやってたことと言えば

腐りかけの丸太で作業台を作ったり

 

まだ剥いてなかった丸太を剥いたり。

 

割とお気に入りの木だったので、虫に食われたくなかったのである。

皮が付いたままだと虫が皮と木の間に入って痕をつけてしまう。

小屋には使わんかもしれんけど、この曲線をどこかで生かしたい。

 

 

なお正直、次に小屋を作る時は、違うやり方で皮を剥きたい。

「高圧洗浄機があればひょっとしたら楽に綺麗にできるのかも」と思いついた時には既に結構な量を剥いていたし、電気も水もなかったので結局全部ヘラで削った。

 

ヘラでの皮剥きの日々はまるでなにかの修行のようであった。。

 

しかも最初の頃剥いた丸太はどこまで剥いたらいいのか分からなかったせいで最後の薄皮が剥けてなかったのか、乾燥後にやたらと白くなってたり。

なお電気カンナは木の表面ごと削るので出来れば使いたくない。

 

まぁ、まだあと2本剥いてないのがあるのだが。。(長さ的に微妙なんだけど)

 

トマトの脇芽を貰ったので、挿してパレットの影に置いといた。

 

早くトマトを好きなだけ食いたいよー。

トマト高いんだもん!