ウンコとカクレミノ


カクレミノ

最近カクレミノという木の下にやたら鳥の羽と鳥のうんこが落ちている。

image

これがカクレミノ、他の木に比べると葉っぱの密度が高い。

 

樹皮が綺麗で、樹形もヌルッとしているため、まるで女の子の足のようになまめかしく、エロスを感じる。

image

スベスベしていてスケベな気持ちにさせられる樹皮。

 

割とお気に入りの木だ。

 

ただ、ちょっとした刺激で樹液をダラダラ垂れ流す困ったちゃんでもある。

image

自転車のペダルが当たったのか、脚立を運んだ時に当たったのか、はたまた他の生き物が傷付けたのか、こんな風になってしまう。

 

最初は白濁した液なのだけど、やがて赤くなっていく。

この樹液にはウルシオールが含まれているらしく、触れるとかぶれたりもするらしい。

 

うんこ

だいぶ話が逸れたけど、この木の下にうんこが落ちている。

このカクレミノには鳥の巣があるわけでもないし、実がなっているわけでもない。

鳥がカクレミノを隠れ蓑にしているのだろうか。。

 

 

image

うんこ集めた。

 

image

うんこ潰した。

 

image

うんこまいた。

 

 

自転車整備&解体現場から木材貰った


自転車整備

実家にいた頃はぬくぬくと室内保管されてホコリが積もっていたマイチャリ。

image

 

千葉へ来てからは中々ハードな扱いを受けており、水の運搬から、ちょっくらトイレに行く際にも使われ、挙げ句の果てにはチェーンソーまで縛り付けられる有様。

image

 

おまけに風雨にも晒されっぱなしという事で整備しました。

 

image

ワイヤー、チェーンのほか、サビが出てる所に使い古しの歯ブラシでチェーンソー用のオイルを塗り塗り。

ここ最近開け閉めがしづらくなっていた自転車の鍵にも注油。

 

image

あと千葉まで自転車を運搬する時に外してそのままだったサイドスタンドをようやく取り付けました。

 

こんな便利な物をなんで2ヶ月近く付けなかったんですかね僕は。

 

解体現場

整備後のマイチャリで颯爽と水汲みの道中、一部が解体されている空き家を発見。

しかし作業している人はいない。

こっそり貰うなら今のうち。。

 

とはいかないので、許可を得たい所。

解体していた人が使っていたと思われる工具類などが置きっぱだし、昼時だっため、飯でも食いに行ってるんだろうという事でまた後で来る事に。

 

んで許可を得てから貰ってきました。

image

黒いペンキがちょっと困るけど、まぁ、何かの役には立つと思う。