生存確認?


寒くなってくると布団から出たくなくなるのが欠点か。

18〜19時頃に昼寝をしてしまい、中々寝付けなかったせいでもあるんだろうけど。

 

春に来た時はタープも何も無かったので、日が昇るとテント内の温度が急上昇して起きずにはいられなかったのだが。。

 

朝飯の支度をして

ウンコと水汲みしに行って

洗濯して

布団を干して

テントのフライシートを剥がして

一服ついたときには既に正午。

image

アンパンとコーヒーを飲みながら日光浴。

 

そして丸太の皮剥き。

 

いかんせん腐ってる部位がある丸太が多い。

大きく凹んでる部位は大抵カスカスになってもろくなっている。

まぁ、それほど大きく腐ってるわけではないので使えると思ってはいるのだが。。

ホウ酸水を染み込ませて、乾かして、その上から木材用の塗料でも塗って雨が当たらないようにすれば腐食の進行は止まるんじゃないのと思ってる。

実際のところは知らんけど。

 

というか俺の貰ってきた丸太はどうも製材に回されなかった残り物っぽい?ので、そういう部位が多いのかも。

凹みのある部分がある丸太は置いておくうちにすぐ腐るからとか、歩留まりが悪いから業者は切り落として持っていかないとかあるんですかね?

 

2本ちょい剥いたところで本日の皮剥き終了。

1本あたり1時間半位かかった計算。

なんでそんなに時間がかかってるのかは俺にも分からない。

 

 

洗濯物や布団をしまい、早めの夕食を作って食らう。

その後お湯を沸かして体を拭いていたらご近所さん来訪。

パンツにTシャツ姿で出迎える。

image

ポテトサラダ(ジャガイモ)とニシンの煮物を貰いました。

 

その後ポテトサラダを食っていたら別のご近所さん来訪。

image

ポテトサラダ(サツマイモ)とフェイジョアというフルーツを貰った。

 

初めて聞くフルーツ。

さっそく食ってみる。

image

香りはマスカットのようなパイナップルのような大変いい香りがする。

食感は伝えにくいけど柿とかの系統。

トロトロの所もあればシャキッとした所もあるような感じ。

皮がちょい剥きにくかったが美味でした(あとでネットで調べたら横に切ってスプーンで食えばいいらしい)。

 

 

さて、ご近所さんの来訪が重なったのは偶然なのだろうか(ジャガイモとサツマイモの違いはあるがポテトサラダまで!)、いや、きっとそうではない。

 

察するに、昨日の寒さで大丈夫だったか心配されているのだと思われる。

というか開口一番その話題ですし。

 

こりゃさっさと小屋を建てて皆さんを安心させないといけない感じですかね!

積雪と睡眠装備


天気予報によると、今日はこれまでの気温よりガクンと下がって、最低気温2度、えらい寒くなるとの事だったので、少し期待していた。

 

というのも、自分がどの程度の寒さまでテント生活で乗り切れるかというのを見極めるいい機会だと思ったから。

 

パジャマ

睡眠装備を下から言うと、

image

裏地が毛布状のタイツ(800円位)

 

image

モコモコのズボン(500円位)

 

image

アディダスのジャージ(中学生くらいの時の)

 

上は、

image

白のドライTシャツ(300円)

裏地が毛布状の長袖(1000円位)

 

image

白のフリース(300円)、黒のフリース(貰い物)

を重ね着して寝る事に。

 

掛け布団

image

毛布(こたつ用、拾い物)

 

image

羽毛布団(拾い物)の2枚をチョイス。

 

この他にも後詰として、

image

肌掛け2枚(貰い物)

 

image

軽めの綿布団(こたつ用、拾い物)

 

image

敷布団のように重い掛け布団(拾い物)

 

image

寝袋(いつかアウトドアをしてみたいと思って昔買った物)

がある。

 

結果

寝汗をかいて不快になったので、途中でジャージとフリース1枚脱いだという感じだった。

もう5〜6度下がろうが睡眠に全く問題は無さそう。

 

image

湯たんぽも一応備えてあったけど、必要は無かった。

 

実は元々僕は極度の寒がりで、実家ではかなり厚着をしていたのだけれど、最近はかなり改善された気がする。

毎日体を動かし、きちんとビタミンやミネラルを摂取しているからじゃないかと思っているんだけど。

これを開拓健康法と名付けることとしよう。

 

 

image

翌朝、雪が積もっていてビックリ。

畑の水菜や二十日大根は大丈夫なんだろうか。。

 

image

タープ(ブルーシート)は雪や雨の重みで潰れていた。

まぁ、元々雨水が溜まって少しずつ低くなってきてたんですけど。。

 

 

冬の厳しさがこの程度だというなら、俺のテント生活はまだまだ続きそうです。