銭湯に行くの巻


久しぶりに銭湯に行ったはるはらですどうもこんばんは。

 

僕はなぜ銭湯に行ったのか?

汗でベトベトになったから

 

というわけではなく

 

ここ数日の寒さで骨の芯まで温まりたくなったから

 

というわけでもありません。

 

お湯と重曹で体や頭を洗うだけでさっぱりとするし、夜も寝る時以外テントを開けっ放しにしてたりするくらいなので寒さもへっちゃらです。

僕はそんな貧弱者では無いのです。

 

話は少し過去にさかのぼります。

 


伐採した枝を焼いていた時に近所の子供達が火の近くまでやって来たのです。

それまでも僕を警戒?してか少し離れたところで遊んでたりするのを見かけたりはしていたのですが、ここまで接近してきたのは初めて。

「火だ・・・火だ・・・」とささやく子供達。

子供というのは火が好きなので(大人もだけど)、ココは1つ楽しませてあげようと「暇なら手伝ってよ」と声をかけて枝の投入をさせてあげたりしたのです。

 

はじめはお邪魔しますと言ってから僕の土地に入った礼儀正しい子供達でしたがそれ以降はワーと勝手に入り、

伐採したコナラの丸太で丸太渡りをして遊んだり(丸太を固定してないし笹の切り株があるから危ないんだけど・・・)、

伐採した枝の中から勝手に子供達曰く「いい棒」を探して持って行ったり、

大工仕事をしている横で勝手に工具で遊び始めたり

などなど随分と図々しくなりました。

 

別に僕は子供が嫌いというわけでは無いので好きにさせて楽しんでいるんですが。

 

 

そんなある日の事、大工仕事をしている最中に子供達が遊びに来て僕に向かって言いました。

 

「お風呂はどうしてるんですか?」

 

僕「(これは子供の純粋な疑問かもしれないが、ひょっとしたら親から与えられた調査任務かもしれない)」

そう思ったのと、

女の子が居たのでカッコつけたかった僕は、

 

僕「お風呂?お風呂は銭湯。○○湯っていう○○の近くにある所なんだけど。知ってるかなぁ」

 

なんてさも毎日行っているかのように答えたのでした。

 

なお銭湯は9月7日に一度行ったきりで、4ヶ月以上行っていない。

 

銭湯に行ったのは事実なので決して嘘ではないものの、正直者で善良な僕としては若干後ろめたさもあるわけである。

また、どこかでボロが出るかもしれない。

 

 

なので銭湯に行く事にしました。

既成事実という奴です。

YUIも「2回会ったら友達だ」って歌っています。嘘ではありません。

銭湯に2回行ったらもう常連です。本当です。

 

 

なお、一度行っただけなので道中迷いました。

 

 

image

シャンプーも買いました。

一生分かな?

 

自分で電気を引く(穴掘り編)


ポール入手編はこちら

 

おはこんばんちははらはらです。

今日は前回手に入れたポール(引き込み小柱)を立てるための穴を掘ります。

 

ポールの立て方

ポールの立て方に関しては内線規定において、

  • 引込小柱等は、根入れを当該引込小柱等の全長1/6以上とし、かつ、堅固に施設すること。ただし、根入れを全長の1/6以上入れ難い場合であって、地際をコンクリート巻きで十分補強した場合、又は引張り荷重に十分耐える建造物等に堅固に施設した場合は、この限りではない

との記載があります。

なお内線規定とは民間の自主規格で、電力会社が電力供給に当たって、需要施設における電気工事を審査・検査等するための判定基準として用いられるもので、電気法規に準ずるものとして扱われているらしい(Wikipediaより)

まぁ、内線規定通りにやらなくても別に引いてくれるなんて話を聞いた気もするけど、ここはおとなしくポールの施工説明書通りに行こうかと思います。

 

image

こちらが施行説明書。

1/6以上埋めて、なおかつコンクリートでガッチリ固める安全策。

 

コンクリートのサイズはポールの種類ごとに記載されていて、僕のポールは直径40cm、高さ55cmらしい。

まぁ、一応これを目安とします。

 

穴掘り

image

まずはポールを立てる位置にスコップで穴を掘ります。

image

思わずウンコしたくなるような立派な穴が掘れた。

 

途中からスコップで土を出すのが厳しくなって来たので、新兵器の穴掘り器、ホールディガーを使って土を出しました。

 

image

なおこちらがホールディガー。

細いスコップ2つがくっついただけの形状。

 

 

穴を掘った所は、道路に面してる所より9cmほど高くなってるのでその分多めに64cmほど掘りました。

後で9cm程、地表を削ります。

 

 

なお今日は風が強く

image

ビニールハウスが傾いてる。

風が静まったら直そう。

 

と思ったけどよくよく見るとフレーム歪んでいるじゃん!

image

ジョイント部分がバキバキに折れてしまっていた。。

 

 

さらにタープ(ブルーシート)も風で紐が切れた。

 

タープを結んでいる紐は、チアガールが持つボンボンを作ったりするあのビニール紐で、今まではその紐が切れるようならブルーシートも危ういので撤去というヒューズ的な役割を果たしていたんだけど、面倒くさかったので切れたところを結びなおしたり、適当にカラビナで固定してしまった結果・・・

 

image

穴が二箇所破れた。

やはりブルーシートを結ぶのはビニール紐でいいと思う。

先に切れてブルーシートを守ってくれる。

 

 

そして穴掘り再開。

コンクリートを流す部分は掘ったので、次はポールを挿す部分を掘っていく。

 

image

施工説明書のこの図だと、大きな穴を掘ってから埋め戻している。

これだと砂利を敷く面積が広いので水はけは良さそうだけど、一度掘り起こした以上きちんと転圧しないとガバガバのユルユルになってしまうと思われるので、ホールディガーでポールを差し込める程度の穴だけを掘ることにした(その方が楽でもあるし)。

 

image

ヒューと持ち上げてストンと落とす。

ヒューストン。

ヒューストン。

 

image

丁度地層の境界だったようで、腐葉土混じりの砂から、微妙に固まってる砂の地層になった。

少し掘りにくい。

 

image

なおこのホールディガー、軽量化のけの字も無いようで、結構重い。

その重さでストンと差し込むんだろうけど、下手すると腰を痛めそうなので、なるべくスクワットのように足を使ってヒューストンした。

 

image

小っちゃい貞子なら出入り出来そうなのでちょっとした恐怖を感じる。

携帯落としたらもう拾えないかもしれない。

怖いよー怖いよー。

穴は怖いよー。

image

砂利を入れる層の分も考えて少し深めに掘りました。

 

つづく