はるはら、山奥ニートに会いに和歌山へ行くPart.3


おはこんばんちは、ダラダラとしていてブログの更新をしていなかったはるはらです。

 

 

そういえば共生舎について詳しく説明していなかった気がします。

共生舎とは

住人計8名、平均年齢80歳以上の超限界集落の和歌山県田辺市五味に存在する割りと新しいNPO法人で「社会に居場所のない人が過疎地域で自立することを支援する組織」らしい。

 

 

葉梨さんら数人(3人?)がやってきた所で共生舎の理事長が亡くなられ、存続の危機を迎えた後、その3人が理事などをしつつ現在は自主運営されている。

 

葉梨さんのニコ生や、取材を受けたTV番組や新聞記事などを見た人達が続々集まり、現在はニート15人ほどが廃校になった校舎に住んでいるらしい。

 

別に誰かに確認したわけじゃないから知らんけど、確かそんな感じだった気がする。

 

 

共生舎での生活

 

  • 費用
    • 滞在費
      • 1泊目1000円、2泊目以降500円、1ヶ月以降300円
    • 食費
      • 500円、1ヶ月以降?は300円
    • 合計
      • 短期なら 1ヶ月あたり滞在費15500円 + 食費15000円 = 30500円
      • 長期なら1ヶ月あたり滞在費9000円 + 食費9000円 = 18000円
  •  飯
    •  
    • 夕飯は誰かが全人数分作る事が多い(当番などが決まっているわけではなく、作ろうと思った人が作るらしい)。
    • 夕飯は基本白米。
    • 昼飯は簡単に作れるパスタ等が多い。各自、もしくは誰かがその場に居る人数分位を作ることが多い。
    • 僕はいつも昼頃に起きているので朝飯がどうなっているかは知らないが多分似たような感じだと思う。
    • 食器等は各自が洗う。
    • 共用冷蔵庫(大)1つと、私物用冷蔵庫(小&中)2つがある
  • 娯楽
    • 本、TVゲーム、ボードゲームなどが山ほどあり、リビングのTVではゲーム、映画かアニメ(Netflix)が流れている事が多い。
    • 夜のリビングでは映画を見ながらワイワイする事が多い。
  • インターネット
    • ケーブルTVのネットを使っている。
    • WiFiが幾つか飛んでいるので共生舎内や離れでもネットが利用できる。
  • 洗濯
    • 各自が洗濯。洗濯機2台と乾燥機1台がある。乾燥機は神。
  • トイレ
    • 洋式トイレ2つ(ウォシュレット付き)に、男子用小便器が1つある。
  • お風呂
    • 湯船とシャワー付き。僕の実家のシャワーよりすぐお湯がでる。
  • 交通
    • 大きな道路に出るためには、うねうねした細い道路を車で1時間位走る必要がある。
    • 最寄りの駅まで車で1時間半位かかる。

 

実際に生活してみて

もう少し細かいルールなんかがあって、それに則って生活されてるのかと思ったが、想像以上にフリーダムだと感じた。

自分の部屋があってもリビングのコタツで寝ている人もよくいる。

リビングで誰かが映画を見ている中、YouTubeを見ている人もいれば、スマホゲーをやっている人もいる。

イヤホンやヘッドフォンを付けていないから、リビングには色んな音が鳴っていたりする。

しかし映画見てるんだから静かにしてくれ!というような事にはならない。

まぁ、静かにしたいなら部屋に行きましょうという事なんだと思う。

住人に狭量さは感じない。

男友達の家に泊まりに行ってダラダラしている感じ。

 

 

作ってもらったご飯が完成したときとか、よそう時に多くの人が「あざーっす」とか「いただきます」とかお礼してたりする。

意外と?みんな社会性が高い。

こういうことをサラリと言えるという事は、俺より社会性が高いとも言える。

 

 

 

共生舎の人達がTV取材を受けた際の番組が放映されていたので、見ながらワイワイしたりしてました。