パスタやカボチャでお菓子を作った話


甘い物が好きなのでお菓子を買ってしまうとついつい一気に食べてしまう。

摂り過ぎは良くないと言うし控えていたのだけれど、やはり食べたくなってしまうわけで。

 

というわけで手元にあるものだけでお菓子作りに挑戦しまんもす。

 

パスタを油で揚げたあと、少量の水と砂糖を煮詰めたものをからめて食べました。

image

まあ、極細プリッツって感じでイケなくはないけれど、直径1.6mmのパスタじゃ食べ応えがないですね。

 

あとはカボチャで芋ケンピを作ろうと思ったのですが、カリカリにするために想像以上に揚げる時間がかかった。。(パスタはすぐ揚がる)

体に良さそうだからとカボチャを選んだのに、こんなに長時間揚げたら栄養も破壊されて意味なくね?っていう。

 

揚げ終わったら水と砂糖を煮詰め、それと絡めて終了。

image

芋ケンピというより大学芋。

苦労の割りにちょびっとしか出来なかった。。

(途中何度もつまみ食いして減っていったのだが)

 

 

いかんせん洗剤も使ってない現状では油を使うと面倒くさいっすね。。

 

おすすめのレシピあったら教えてください。

パスタやカボチャでお菓子を作った話」への6件のフィードバック

  1. なるほど!干しカボチャなんかですか!いいですね!

    ただ雨とか曇りばかりなのでいまだとカビが生えちゃいそうかなぁ。

  2. 灰で洗剤を作って、ブログのネタにされるのも良いかもしれません。

  3. 灰で石鹸は自分も考えましたが、何かのサイトかなんかで失敗してたので(灰がそこまで強いアルカリではないため無理という結論だったような)無理かなぁと思って考えてませんでした。
    灰は灰でもなんの灰かによってphが違うとかそんな事まで言及してあったので中々難しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。