柱にホゾ穴を開ける:その2


前回ハリの結合部を平面にしました。

今回はここにハリを差し込む穴を開けて開こうかと思います。

 

ホゾ穴を開ける作業はこれまでに何回もしてきたので、もうお茶の子さいさい。2〜3時間で彫れます。

 

 

 

 

うそです。

 

 

3日後。

穴の寸法は7cm x 12cm。

正確には誤って削り過ぎたところをカバーするために上記より1〜2mm大きくなっている。

深さはだいたい11cm位。

掘る量が多いので、右手に豆が2つできちゃった。

 

ここまで深いホゾ穴は今まで掘ってこなかったので、ノミの長さ的にどれくらいまで掘れるのか分からなかったけど、この程度の深さなら問題ないようで、それに関してはホッとした。

 

 

なお穴がでっかくなったので百均で買ったミニ差し金を穴に入れて直角に彫れてるか、穴の角がきちんと90度になっているかを簡単に確認できるようになった。

その点ではある意味楽なのかもしれない。

 

 

あ、あと水平器研ぎました。

 

これで水平器もキレッキレになるはず。

 

ではなくこの水平器、左右逆にすると気泡の位置が変わるので台かなにかが歪んでいる。

研いで左右逆にしても同じ位置に気泡が来るようにしました。

 

ちなみにiPhoneのセンサーを利用した水平器アプリもイマイチ信用ならないのだがどうしてくれようか。

 

柱にホゾ穴を開ける:その2」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。