漬物熱再燃


ども、はるはらです。

 

最初の頃は1日3回包丁を握り、毎食調理していた僕ですが、最近は包丁を握る事も少なくなりました。

まな板用意したり、野菜洗うのが面倒くさいんですよ。

 

 

さらに野菜は保管の問題もあります。

 

クーラーボックスに入れておけばある程度日持ちはするでしょうが、最近は暑くなってきたので氷を毎日欠かさず貰ってこなければいけないという労働が発生してしまう。

 

めんどうくさいんすよー。

 

 

しかし野菜を全く食べないというのも少々不安なものがあります。

 

という事で最近はまた漬物を作るようになってきました。

 

生姜とニンニク漬け

生姜とニンニクを醤油、酒、砂糖に漬けたもの。

おかず代わりになる。

タレ?もスクランブルエッグにかけて全て消費。

 

ピクルス

貰ったキュウリでピクルス。

酢、水、砂糖、塩を混ぜた液に入れただけ。

 

浮いてる赤いナッツみたいなのはナッツではなくナッス。

いかんせん種から育てたナスがなかなか大きくならないので、このままではナスの収穫がゼロという悲しい結果になるやもしれぬと思い、安売りされていた苗を一株だけ買ってきて植えたのだ。

 

そしてその苗に最初からなっていたこちらのナスを途中投入して漬けたもの。

お酢につけると赤くなるんやなー。

 

残りの漬け液はパスタにかけて冷やし中華っぽくして食べたりもしたけど、まだ残ってる。

塩分が低いので腐敗が若干心配。

 

ねぶた漬けもどき

ねぶた漬けとは青森のお土産で、大根がメインの松前漬けといった感じのもの。

割と好物。

 

大根を細かく切り、塩揉みして水分をある程度絞ったあと、醤油、酒、砂糖、粉末昆布だしを混ぜた液につけた。

 

 

本来は昆布で粘りを出すのだけれど、昆布の代わりに3パック90円で買ったオクラを使った。

なお大根は1/2本で40円でした。

 

当初は、粉末昆布だしのみで粘りはなくてもいいと思っていて、途中で考えを改めてオクラを追加投入したため上の方に少ししか入れられなかった。

 

今日漬けたばかりなのでまだまだこれからだけれど、正直大成功な気がする。

 

 

トマトやモロヘイヤが収穫できるようになったらこれにぶち込んでみようかと思う。

きっと美味いはず。

ネズミの上で寝ていた


※動物の死体とか見たくない方は見ないほうがいいかもです。

 

 

ども、はるはらです。

 

今日は雨なので、映画でも見ようと思い、仮設小屋の中でゴロゴロしながら「インターステラー」を見ていました。

まぁ、実家にいた時に何度も見てるんですけどね。

 

 

僕の畑のトウモロコシが全く成長しない中、映画撮影のために作られたというトウモロコシ畑の立派さを羨んだり、主人公達がそのトウモロコシをバッタバッタと車でなぎ倒しながら何度も通り抜けたりするのを見ながら勿体無いなどと思ったりなど、まぁ、そんなことはどうでもいいんです。

 

やはりクリストファー・ノーラン監督はすごいぜ。

いや、それもどうでもよかった。

 

 

映画が終わってスタッフロールが流れる中、ベッドにやたらとアリが多いことに気づきました。

1匹2匹いるのはいつものことですが、何匹も列を作ってるのは普通ではありません。

 

何かが落ちてるのやもしれんと思い、起き上がってベッドに散らかっていた服を片付けたところ、服の下からなにやら灰色の物体が。

 

「ん?なんかガムみたいなのが落ちてる。でもガムなんて食べてないぞ?」

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

なんか目がどこにあるのかよく分からんし、モグラっぽいけど、モグラにしては手足が貧弱な気がする。。

ネズミの子供??

 

いつからあったんだろう。。

 

服が上にかぶさっていたけど、寝ていた時には服はなかったはず。

 

念の為、Tシャツを脱いで背中を見てみる。

 

背中に謎のシミが。。

 

匂いを嗅いでみたらシミのところだけなんかクサい。。気がする。。

 

 

・・・。

 

 

寝返りでやっちゃったのかな。。

 

 

効果があるのかは知らないが、アルコールスプレーをシュッシュッしておきました。

こういうのは気持ちの問題なのだ!