台風被害


おはこんばんちは、はるはらです。

 

 

台風

千葉に来てからだいぶ経ちました。

その間、何回か台風が来たのですが、千葉に来る前に消滅したり、少し離れた所を通過したりしてました。

 

今回、初めての直撃コースと言っていいんじゃないでしょうか。

テントならまだ割と安心なんだけど、僕のは廃材で作ったような仮設小屋。

おまけに一度浮いている。

正直テントより不安である。

 

 

不謹慎かもしれないが、どうせ寝れず暇だし、興味本位で避難所に避難してみたかったけど(ソッチのほうが快適そうだし・・)、何か飛んだりしたときのために徹夜で待機することに。

 

あまりの強風で、トンボも僕の小屋に避難してきたようだ。

 

よし!一緒に台風を乗り越えよう!僕は1人じゃないんだ!

そう思ったかは定かではないが、トンボが小屋内を飛び周り、色んな所にぶつかってうるさいので、すぐに捕まえて外に追い出した。

 

小屋近くに生えているコナラの枝が風で揺れ、屋根に当たり音を立てる。

「しまった!切っときゃよかった」と思ったが時既におすし。

さらに風で波板がたわみ、バンバンと色々な所から音がする。

 

音で恐怖が増す。

 

そして時折吹き抜ける強烈な突風により小屋がたわむ。

 

 

下手したら死にかねない突風の恐怖に怯え、たわむ柱を手で抑えながら「意外とこの非日常感いいんじゃない?台風が去った時になんとも言えない心地よさに包まれそうだ」などと呑気な事を考えながら無事台風を乗り越える事が出来た。

 

 

台風が去った後の被害確認

外に出て辺りを見回す。

なにやら景観が少し変わった気がする。

どうも見晴らしが少し良くなっているようだ。

風で雑草が倒されたのが理由だろう。

 

と思ったら木も倒れていた。

 

どうやらコナラが折れたようだ。

小屋近くのコナラが折れなくてよかったぜ・・・。

 

近くのカクレミノの木も折れていた。

 

カクレミノは樹皮がスベスベでキレイだけれど、折れたところも白くてキレイだった。

しかし柔らかくスカスカだったので建築材には使えなさそう。

 

 

茄子は葉っぱが無くなり、茄子がそこらじゅうに転がっていた・・。

風で吹き飛んだのだろうか・・。

 

ニラはしおれている・・。

 

敷地内で一番大きなアカメガシワも葉っぱが全てしおれている・・。

他にもしおれている木が結構ある。

 

 

長雨で根腐れ??それとも塩害??

一体何が起きたと言うんだ・・。

 

ま、眠たかったのですぐ寝ました。

 

畑を一新


おはこんばんちははるはらです。

 

 

畑が荒れている

トマトの脇芽が成長し、よく分からない状況になっているようだ。

 

まだ青い実がなっているけど、枝分かれしていることで栄養が分散するし、時期的にもこれから赤くなる事が出来るのか謎。

軽くググったところ、青いトマトの食べ方も結構出てきたので、収穫&潔く引っこ抜くことに。

 

 

モロヘイヤ

モロヘイヤには花が咲いている。

 

モロヘイヤの種には毒があり、昔アフリカの人々が矢に塗っていたらしい。

種が混じると大変なので、農家の人は花が咲いたらモロヘイヤの収穫は行わないとか。

 

万が一を考えモロヘイヤも引っこ抜く事に。

もったいねぇぇぇぇ!

 

イチゴ

植えてほとんど放置していたイチゴもツルを伸ばして分身を作ってくれたので、それを植えた。

種まき

鶏糞と石灰をいれて耕したところには「サンチュ、水菜、二十日大根、人参」の種を蒔いておきました。

 

人参は時期が少々違うようだが・・まぁ、何事も実験である。

 

あと、灼熱と湿気が多い波板小屋で放置されていた種子なので発芽率の低下が気になる・・。

 

まぁ、何事も実験ということで。