近況報告


ども、すっかりブログ更新をサボっているはるはらです。

 

久しぶりの更新なので、近況をサラリと。

 

まずは最近の食糧事情。

ナス、オクラ、トマト、モロヘイヤなんかが収穫出来ているので野菜は滅多に買わなくなりました。

ピーマンもたまに収穫できるけど、イマイチ成長が鈍いので、本当たまにです。

モロヘイヤもチョコチョコ収穫できるものの、そこまで生育旺盛という気はしません。

ナスやオクラは頻繁に収穫できるようです。

 

なおトウモロコシは収穫出来ませんでした。

カボチャ

そしてうどんこ病に悩まされいたカボチャは、その後ますます病気が広がり、葉がほとんど全て枯れてしまったので実を全て収穫。

計5個収穫できました。

 

すぐ食べるより、涼しく風通しの良いところで少し寝かせた方がデンプンが糖化して美味しいらしいので(キュアリングというらしい)、柵代わりに立てたパレットの隙間に挟んで保管してました。

 

そして最近は毎日カボチャ尽くし。

こちらは先ほどの夕食。

 

サツマイモは火の通りが遅くて面倒くさいけど、カボチャはそこまで通りにくくないのがいいですね。

 

建築

今はとりあえず柱やハリの作業を終え(完成したわけじゃないけど)、ノキゲタの作業をしてます。

なおノキゲタというのは、壁の一番上に横たわっている材で、このノキゲタが屋根を支えてくれます。

 

ただ、ノキゲタは結構長いものが必要になるのですが、そこまで長い丸太がないので、継いで使います。

 

継ぎ方には散々迷ったんだけど、「台持ち継ぎ」でやる事にしました。

理由はデザイン的に合うだろうってのと、長い材が必要にならない継ぎ方ってとこ。

加工したものの上手くハマらず隙間だらけ。

形状が複雑だと難しいね。

ちまちま削っては丸太を抱えて試しにハメるので結構疲れる。

とりあえずこんな具合に。

継ぎ目が分からないくらいピッタリに出来たらいいんだけど、中々難しい。

 

以上、近況報告でした。

カボチャが病気?茎を食す


ども、はるはらです。

 

畑に植えたカボチャはえらい大きくなってるんだけど、ちょいと気になることが。

葉っぱに白い斑点がたくさん。

これはひょっとして「うどんこ病」という奴じゃ。

前々から気にはなっていたんだが、放置してしまっていた。

 

とりあえず白くなってる葉を取り除くことに。

ビフォー(前に撮影した写真だけど、既に左上部分の葉が白くなっているのが確認できる)

アフター。

ガランとしてしまったよ。

 

まだ白い斑点がついた葉は多いけど、全部取り除くと葉が減り、成長に影響が出そうなのでやめておいた。。

 

調べてみると、酢や重曹を薄めた水をシュッシュするなんて話を見かけたので葉っぱに重曹シュッシュしておきました。

 

カボチャは葉や茎も食べられると聞いたので、葉は揉み洗いをし、茎は筋を向いてから茹でてみました。

 

カボチャの茎はフキのようだと聞いていたけれど、フキというよりパスタのペンネ。中は完全にスカスカ。

 

味の方は、茎は大して癖もなく、ほとんど水分という感じで、表面は若干ザラッとしているが、シャキッとした食感は中々イケる。

しかし葉っぱはザラッとした食感が終始気になる感じで、グルメな僕の舌には合わなかった。

まだまだたくさんあるので、昨日今日と茎をたくさん食べました。

 

ナスの油炒めに、シソ山盛りのナスの塩揉み、スクランブルエッグ、カボチャの茎のスープパスタ。(ナスは市販のもの)

(魚とトマトは貰い物)

 

カボチャの茎ってこんなに食べて大丈夫なもんなんかな。。。