ファットウッドを探せ!


ども。

連日の丸太皮剥きで腰を酷使しているので、肉でも食べてタンパク質を供給しようと最近ハマっている鳥の包み焼きを作ろうとするも、薪が湿っていて一苦労した結果、かえって腰に疲労を与えてしまったはるはらです。

image

まぁ、そんな事をTwitterでつぶやいたところ「ファットウッドを採取しとくのも手かも」とのリプライを頂きました。

 

ファットウッドが分からないので早速ググってみました。

 

ファットウッドとは

立ち枯れした松の木の内部には、長い年月をかけて?重力によって樹脂が集められた部位があり、他の部位が朽ちようとも赤く半透明のその部位は決して朽ちる事なく眠っているのだとか。

 

そしてその部位こそファットウッドなのだ!

 

やばい!お宝の香りがする!ロマンがある!

まるで宝石のような話だ!

 

ただでさえ松は燃えやすいのに、このファットウッドはさらに燃えやすいらしく、濡れてても火が着くらしい。

かっこいい!

 

そういえば、立ち枯れしてて危ないからって切った木が松だった。

 

自分のおへそより上のあたりで伐採したので、樹脂が集まっているという根元はまだ地面に生えたまま。

 

根元は後のお楽しみにして、とりあえず放り投げておいた上の方を引っ張り出してぶった切ってみる。

image

おおっ!赤いぞ!

おへそより上の部位のはずなのに!

 

ナイフで薪割り開始。

image

おおっ!半透明だ!

 

 

image

ペットコーナーに売ってるささみジャーキーみたい!

なんだか美味しそう。

割った瞬間松の香りがふわっと漂ってくる奴もある。多分いい奴なんだろう。

image

内部にこういう節があって、こいつにナイフが当たると割れない。

これが無ければ割るの余裕なんだけどなぁ。。

ただ、こういう節の周りは樹脂が多い。

世の中うまくはいかないな。

 

image真ん中あたりに写ってるナイフの背を、右の方に写ってる別の木の枝で叩いてひたすら割った。

 

トントンとナイフを叩いていたら、下に落ちてた既に割った奴が顔面に飛んできて直撃、涙目になる。

一応安全ゴーグルしててよかった。

当たったのは口だったから関係なかったけど。

 

image

1日中薪割り?してたような気がする。

疲れた。。。

斧が欲しくなりました。

 

着火

image

おおっ!よく燃えるわい!

 

なおファットウッドのお値段はこちら

仮設小屋を作る?


寒さ対策をしないと冬を乗り切れない。

作ろうとしている物置きは割と本格的な物なのですぐには作れない。

ゆえに仮設の寝床を作ろうかと考えつつ

image

木を押し倒したり

image

根元を切ったり

image

土を落とし、根を切って軽量化した切り株を転がして出そうとするも諦めたり

image

熱した フライパンを置く用のコースターを作ったり

image

出土した粘土をこねたり

 

そんな日々を過ごしました。