ここ数日


ハリに使えたら使おうと思ってる丸太の腐ってる部分をノミで彫ったり、

 

うっかり手を滑らしノミに左手を刺されたり、

 

家から持ってきたブルーベリーの挿し木の葉が何者かに食われて2本の挿し木にしか葉が残っていなかったり、

 

丸太にホウ酸を塗って整理整頓したり、

 

実家に帰る直前に皮を剥いた丸太を、

 

ステンレスたわしでゴシゴシして綺麗にして再度ホウ酸を塗ったり、

 

同じく帰る直前に剥いてカビが生えてた丸太を、

同じくステンレスたわしでゴシゴシしてホウ酸を塗った。

幸い塗っておいたホウ酸のおかげか、カビは軽症だったので、擦っただけでほとんど綺麗になった。

 

なおもう一本帰る直前に剥いた丸太があって、これはこの間雨の日に濡れっぱにしていたら速攻カビた。

結構前に剥いた丸太は濡れっぱにしててもカビ生えなかったんだけどね。

まだ乾燥しきって無いから油断するとすぐカビるのかな。

 

ちなみにヘラで皮を剥いた後はステンレスたわしで擦るのが一番だと最近気づきました。

 

真鍮ブラシは、皮の表面の繊維を一本一本削ぎ落とす感じになりラチが明かないのであまり使えなかった。

その割にはやった後に毛羽立つし。

 

ステンレスたわしってのは板状のコイルで出来てて、あれで擦るとヘラで削ぎ落とすのと同じ効果があるんだと思う。

たまたま店でステンレスたわしの形状を見て「これは使えそうだ!」と気付いたんだよね。

もっと早く気付けよって感じですが。

 

それにしてもステンレスたわしの有用性に関するアドバイスが無いとはこのブログの読者も使えない連中だぜ!

杉丸太のカビ落とし


丸太を運ぶ

えっさほいさ。

丸太を直接持って運ぶ時は、重量挙げのやり方で持ち上げる(頭の上まで持ち上げはしないが)。

多分それが合理的なんだろうと思うから。

しかしこの丸太は座ったまま胸に抱えることはできたが、立つ事が出来なかったので、丸太をコロにするピラミッド建築の労働者方式で運んできた。

 

まず片側を乗っけて

反対側も乗っける。

ちなみにこの丸太を引っ張り出すだけでも、上に乗ってた丸太を移動させたりしたのでもうクタクタである。

疲れた。

 

乾燥が進んでだいぶ軽くなったと思っていたけど、重いもんはやっぱり重かった。。

 

 

カビ落とし

この丸太は初期に剥いた丸太なので、剥き方がいまいち分かっておらず、カビが生えてしまった。

一応カビは削ぎ落としたけれども痕が残ってしまっている。

木に生えたカビは塩素系漂白剤が良いらしいので、(効き目が弱いようだけど酸素系漂白剤が木材を痛めないので良いらしい)百均で買ってきた漂白剤を上の写真の真ん中辺りに試しに少し塗ってみる事にする。

 

どういう変化が起こるか分からないので、付きっ切りで漂白剤を塗り続ける。

んー、そこまで綺麗にならなかったけど、一応綺麗にはなるようだ。(上の写真と比較してみてね!)

 

シミや変色はまぁ大丈夫そうなのでガッツリ塗ってみる事に。

ちなみにこれが買ってきた漂白剤。

ハケで塗り、ラップを巻いてしばらく放置。

 

ラップぺろー。

あまり綺麗になってないぞ。。

ま、まぁ、カビ落としはもっと後になってからでもいいか!