はるはら、山奥ニートに会いに和歌山へ行くPart.1


ども、今日は3時起きのはるはらです。

 

今日は山奥ニートさん達に会いに行くため和歌山へ行きます。

山奥ニートさんについてはこちら

山奥での生活。そして集団生活を体験しに行くのが目的。

 

 

準備

前日のうちに片付けなんかを終わらせれば良いのだけれど、布団を畳まないと荷物が入りきらなかったりするので、早起きして荷物を小屋に片付けた。

 

そして飯。

カレールー100%パスタ。

カレールーが持つ素材本来の味を生かすため、野菜や肉は入っていない。

 

嘘。

 

食材を使い切ったので他に何もなかった。

卵が3つあったがこれはお弁当にする事とした。

 

 

出発前に、まだ植えていないイチゴの苗を発見し、定植し始めたりなど無駄に時間を消費。

 

さらば小屋よ!

 

 

出発

なお千葉と和歌山は結構離れている。

 

18きっぷだと普通列車しか乗れないので15時間以上かかる。

 

ひえー。

 

 

おぉ、富士山やんけ。

 

と思ったら、その後しばらく経ってから本物の富士山が見えてきた。

さっきのは富士山じゃなくて箱根山とかだったのかな?

 

 

乗り換えの合間に作ってきたサンドイッチ?を食べたりしつつ・・

 

暗くて琵琶湖はよく分からなかった。

 

これが大阪駅でんがな!

 

ほんまに東京とエスカレーターの乗り方ちゃうやんけ!(右側に立ち、急ぐ人は左側を歩く)

 

 

和歌山駅では少々時間があったので一度駅を出て、一服したりトイレに行ったり。

ちなみにここの切符売り場にいた駅員さんが滅茶苦茶かわいくってビビった。

芸能人の一日署長ならぬ、一日駅員か!と思うほどであった。

きっと多くのファンがいるに違いない。

ダメ元で、旅の記念に一緒に写真撮らせてくださいとお願いしてみればよかったかも知れない。

 

到着

そして23時ごろ、共生舎の最寄駅である紀伊田辺駅に到着。

ただし共生舎へのバスは1日に2本しか出ておらず、最終バスは15:30。

 

 

なので24時間営業のお店で時間を潰すことに。

すき家に到着。

 

グーグルマップ上だと「近いし余裕じゃん」と思っていたが、すき家にたどり着くためには山を一つ越す必要があった。

地形を考えるのを忘れていた。

千葉の平地に慣れすぎたか・・。

 

 

 

すき家に入った途端、僕の荷物を見て「旅されてるんですかー?」と話しかけられる。

18きっぷで来た事、静岡から千葉まではヒッチハイクで行った事、ログハウスを建てようとしてる事から、「時間を潰そうと思って・・」なんて事まで正直にぶっちゃけるも「好きなだけどうぞー」と歓迎してくれた。

店員さん自身も旅やログハウスが好きな方だったようで、ログハウスの話をしたら「マシンカット?」なんて質問がいきなり飛んできたりした。

 

牛丼大盛りを注文。

 

 

店員さんは皆フレンドリーで関西弁だ。

関西のお店というのはどこもこういう感じなのかな?

 

そして今すき家でブログを書いている。

 

ふと鏡で自分の顔を見てみると相当疲れが出ていた。

もう僕もあまり若く無いのだから無茶はしないほうがいいのかもなと思うはるはらであった。

 

 

青春18きっぷを買う


ども、はるはらです。

 

18きっぷ買いました。

普通列車が1日乗り放題の切符です。

本来5回まで使える切符なんですが、ネットオークションや金券ショップだと、使用済みの切符が安く買えます。

 

 

 

リサイクルショップでスーツケースも買ってきました(800円)。

 

置く場所が無いので外に放置していたのを、さっき撮ったので霜が降りてます。

 

 

あ、あとサスペンダー買いました。

「時代錯誤な事してるんだから時代錯誤な格好しないとダメかなぁって。」

とTwitterにあげたらどういうわけか「いいね」の数が多かった。

 

これからはサスペンダーを正装にしようかな。

でも冬だから上着で隠れちゃうな。