土地探し その2:Google下見


前回(その1)からの続き

 

その後しばらくしてから山林バンクというサイトで見つけた静岡県浜松市の山林について問い合わせてみた。

が、そもそも返事が返ってこない。

再び同じ問い合わせをしてみると、分筆(土地が分けられている)されているその山林の土地のいくつかの公図をメールで送ってくれた。

 

Googleマップを使って土地を調べる。

Googleが無い時代、人々は一体どのように土地を選んだのだろう。

近くの土地だったらまだいいけど、一つ一つの物件を本の地図で調べて選別し、その土地を見るために全国飛び回るだなんて僕には到底無理です。

土地探しにGoogleは不可欠過ぎる。

 

住宅街として80年代あたりに開発されたエリアを抜けてすぐの所なので、”田舎暮らしの大変な所の1つ”とよく言われるような、強いしきたりや風習などがある土地では無いと思われる。

造成されたエリアには空き地が多く、静かそうなところ。

送ってくれた土地の中では頂上付近の土地(約8000平方メートル、約2400坪)が南向き斜面で一番よさげ。

他の幾つかは、地図で標高を確認する限り斜面がきつかったり、日当たりが悪そうだった。

 

160619_road

辺り一帯をGoogleストリートビューで周る。

土地に接面した道路は広くて新しい。

いい感じだ。

おそらく需要は無いが歩道まである。

住宅地しかない山の頂上付近であり、住宅地や都市部は反対なので人通りは多分無い。

 

160619_tree

木々もそこまで大きくなく、自分でどうにかできそうな気がする。むしろ物足りなさすら感じた。

 

そして現地へ行ってみることにした。

 

つづく(その3へ)