クワを拾った


丸太を切るために行ったり来たりしてたら、使えそうものが捨てられていた。

IMG_4419

はるはらは「サビた鍬(クワ)」を手に入れた。

 

固定金具が無くなって刃がブランブランになっているが、針金で固定したら使えるかもしれない。

 

丁度、開墾するためにクワが欲しかったところなのだ。

やったぜ。

 

ただ俺が欲しかったクワとは形が違う。

 

クワにも色々種類があるのだ。

 

 

平鍬・・耕す、畑のあぜ作り、溝掘り。

 

備中鍬・・耕す、土を砕く、草を根っこごと掘り起こす。平鍬に比べると粘土質の土でも刃先に土が付きにくいらしく、西日本では鍬といったらコレらしい。(関東は砂質で掘りやすいからスタンダードにならなかった?)

 

開墾鍬・・開墾や根の切断。平鍬に比べると刃が肉厚で重い。

 

唐鍬・・開墾鍬に似ている。違いは分からん。

草削り鍬・・地面表面を削るようにして草を刈ったり、土を寄せたり。

 

他にもトンビ鍬やらスコップ鍬やら三角ホーやらジョレンやらなんちゃら鍬やらと色々あるみたい。

 

 

どうもコレは草削り鍬という奴らしい。

ガシガシ力任せに掘って開墾する用途ではなさそうだ。

そもそも形状からして無理そうだけど。

 

こうも種類が多いと、本当に必要な物がどれなのか迷ってしまう。

かと言って服屋さんの試着のように、店で試し掘りが出来るわけでもない。

タダで草削り鍬という物を体験できるので良しとしよう。