焼き芋と燻製


前にたきびさんから貰ったサツマイモを焼き芋にしてみようと思います。

てきとーにググったところ、あらかじめサツマイモを水に漬けとくと良いなんて情報があったので、水に漬けつつ薪を集めました。

 

火起こし

image

薪はコナラをチョイス。

手や足で折れるほどに乾燥した選りすぐりの薪だ。

コナラは燻製などにも使われるので、アルミホイルに包んだサツマイモにはちょいと贅沢かもしれない。

 

芋投入

image

直接火が当たると黒こげになりそうだし、焼き芋は弱火でじっくりやるのが美味しいらしいので火を囲むように外側に配置しまんた。

 

弱火でやろうとすると煙が出る。

image

煙が勿体無いのでアルミホイルにバタピーをのっけて、上にもアルミホイルを軽く被せた。

うまくいけばバタピーの燻製が出来るはず。

他にも色々燻製にしたかったけど、他にはパン位しかなかったのでパンの燻製と洒落込む事にしました。

 ピーナッツの燻製

imageきちんと色が付いてる!

 

パクリ

 

割と普通かな。。

燻製の色じゃなくて、焦げただけでした。

食パンの燻製

続いてパンの燻製も食べてみる。

トーストにならないように遠火で燻したので、食感は干からびたパンになってしまった。。

しかしきちんと燻製の香りは付いてる!

が、燻した直後なので香りが強烈。。

燻製ってのは少し置いてから食べるものだからね。。

すぐに食べるならもっと強火で焼いてほのかに香りを移すくらいがベストなんでしょう。

つまりは普通のトースト。

 

そして焼き芋

image

見た目はいい感じ!

 

image

中身もいい感じにしっとりしてて甘い!

いやはや!焼き芋いいですな!

俺も焼き芋屋さんでも始めちゃおうかな?

 


なお、一番うまく燻製にする事が出来たのは多分自分自身。

香ばしい匂いが自分からずっとしてました。

 

焼き芋は1本半食べたらお腹一杯になったので、残りは灰と共に埋めておきました。

image

明日また食う。

帰宅と腐敗


帰宅

たきびさんの家に二泊して帰宅しました。

聞くところによると二泊した図々しい客は初めてらしいです。

大変お世話になりました。

 

image

テントが破れていたりしたらどうしようかと思ってましたが、なんの変わりもありませんでした。

 

 

が、

image

泊まりに行く前日か二日前に漬けておいたザワークラウトが随分白っぽい。

腐敗?

若干ピンクっぽいところもある。(前回作った時にも多少あったけど)

きちんと汁に浸かってなかった所に雑菌(カビ?)が繁殖したのかもしれない。

まぁ、変な匂いがしなければピンク色の奴は大丈夫なんて話を聞いた気がするので問題ないんじゃないかなぁ。

でも上の方はなるべく加熱して調理することにする。

本場でもザワークラウトは焼いたり煮込んだりもするっぽいし。

 

image

なおひっくり返すとこんな感じ。

まぁ、色の違いはひょっとしたらキャベツの部位が違うだけかもしれないんだけど。

 

image

スープパスタにぶち込んで食べました。

 

その後お腹が痛くなったりもしませんでした。

やったー!