丸太のカビ落とし


買い物途中、在来工法で建築中の家があったのでジロジロ観察する。

この間まで基礎しか無かったのに。。

image

土台が割れて継ぎ手の中が見えていた。

これ位なら問題ないのかなぁ。

 

image

床が合板三枚重ね。

床下の根太を省略する代わりに合板を厚くして強度を保つ根太レス工法という奴っぽい。

 

通常24mm厚が多いっぽいので、12mm x 3枚だとすると36mm。。豪華な作りなんだろうか。。

 

しかしプロの作業はあっという間ですね。

俺が丸太の皮を数本剥いてるうちにここまで建ってしまうだなんて。

 

しかしそんな事を気にしていたら「自分は一体何をしているのだろうか」と自責の念にかられてしまうのは必至。

それは精神衛生上よろしくないので、いっその事この家が建つ一部始終を見届け、その全てを学んでから自分の作業に取り掛かろうかなんて悠長な事を考えて心に余裕を取り戻す。

 

 

さて俺の丸太はと言うと

image

カビ

 

image

カビ

 

image

カビ

 

カビが生えているのは一番内側の樹皮だと思われる白い樹皮を剥いたさらにその下にある茶色の薄い層?だけ。

どうやらこの層は実にカビに弱いらしい。

 

なお剥いた当初より色が濃くなっている。

 

水分が飛んで色が濃くなったと思うんだけど、ひょっとしたら幹から滲み出てきたヤニかなにかの層という可能性も。

 

 

 

放置しておくと茶色い層だけではなく下の木材まで侵食してきそうなので、削り取ってしまう事にしました。

(滲み出てきたヤニだとすればまた再形成されてしまう可能性があるわけだが。。)

 

前回、毛羽立つと言って使うのをやめた真鍮ブラシだけど、毛羽立っていたのは地肌ではなくその上の層だったようなので、

image

イソパクトドライバーにつける真鍮ブラシを買ってきました。

 

早速使ってみる事に!

image

ギャー!!

毛羽立つとかいうレベルじゃねぇ!

ガッツリ削れちまった。。

前回の歯ブラシみたいな奴より、硬めのブラシがいいかなと思ってたけど、硬すぎたみたいだ。。

隅っこで試してからにすればよかった。。

 

おまけに速攻インパクトが電池切れ。

なお電気が来てないので充電は気楽には出来ません。

 

結局お好み焼きのヘラと歯ブラシみたいな真鍮ブラシでセコセコ一日中削ってました。

 

image

あ、あと丸太と丸太の間を少し開けて通気をよくしたつもりです。。

これでカビが生えなくなってくれたらいいなぁ。

丸太のカビ落とし&剥きやすい丸太とは


image

カビが生えてる丸太。

ヘラで擦ると。。

 

image

一応綺麗になるみたい。

 

どうも表面の茶色いのは木の地肌ではないようで、ヘラで軽く擦れば簡単に削り落とせた。

 

この茶色い部分というのは多分綺麗に樹皮がペロンと剥けたところなので、ヘラで擦ったりしてないのだけれど、ここも削らないといけないとなると、結局全てを削らないといけないということやないかーい。

 

ヘラで全部削るのは相当しんどいので

 

image

真鍮ブラシを買って試してみる事に。

 

image

真鍮ブラシでこすると木の表面が毛羽立つ。。

だめだこりゃと思ってやめてしまったけど、この毛羽立ちも実は地肌ではなく、このままこすり続ければ綺麗になったのだろうか。。

明日また試してみよう。。

 


そして通常運行通りの皮剥き。

 

杉というのは伐採してすぐに皮を剥いた方がいいらしい。

 

ただ自分は、「葉枯らし」と言って伐採した後に葉をつけたまま放置して乾燥させた材(普通のより高級品)がある位だし、そんな焦らなくてもいっかーなんて思ったりしてた。

 

 

後悔してます。

 

 

樹皮というのは木が生きてる間、乾燥から守るために存在するのであって、死後の事なんて全く考えられていないんだなぁなんて当然の事をしみじみと感じている次第でございます。

 

特に春に貰った丸太を剥いたりなんかして、ダンゴムシが木と樹皮の隙間からゾロゾロ出てくるとそう思わずにはいられません。

 

 

まぁ、そんな感じなんですが、実は貰ってきた丸太の中には何本か切りたてホヤホヤ(って程でもないけど)があったりするので、それを剥くのが少し楽しみでした。

 

 

さぞや楽チンに、そして綺麗に剥けるのだろうと。

 

image

そして切り口が両端とも乾燥していないコイツがどうもそれっぽい気がする。

 

なんか地肌の色まで違う。

肌色に若干あずき色が混じってる感じ。

 

ドンドン剥く。

 

image

全然剥けねぇ。。

 

なんだこれ。。

 

水分量は多そうなんだけど、皮が弱いのか、まとまって剥けない。

 

伐採したのが秋だから?

他の杉に比べて若い木だから?

 

どうも剥きやすさは鮮度だけの問題ではないようです。。