丸太の皮むき


image

丸太をくれた人によると「なるべく早めに丸太の皮は剥いちゃったほうがいい、じゃないと剥けなくなるし、虫がいるから。あと皮を剥いたほうが乾燥が速い」との事なので剥いてみる事に。

 

古い杉の丸太も樹皮が簡単にペロンって剥けるイメージなんすけど、古くも新しくも無い丸太が一番剥きにくいのかな?

それとも古い丸太の樹皮がペロンって簡単に剥けるのは乾燥過程で自然に剥がれたごく一部の部分だけで、剥けない部分が厄介って感じなんすかね。

まぁ、いずれ分かる事ですけど。

 

あと皮を剥くのはもっと後でいいなんて話もあった気がするけど、そこらへんはケースバイケースなのかな?

 

使った道具は草刈り鎌。

 

image

うーん、マンダム。

 

image

今は「肌色」って差別的という事で無いって聞いたけど、”THE 肌色”って感じで、水分が多いから、若干透明度もある。

 

伐採してからある程度経っているからか、剥きやすさは部位による感じ。

 

剥きやすいところは鎌で最初だけ切って、後は引っ張れば剥ける。

綺麗な肌色が出てるところがそういう所。

 

剥きにくいところはペロンっと一気に大きな面積は剥けないのでチマチマと削っては剥いたり。

 

木を削るような腕力は必要無いけど、ずっと中腰だから腰に来る。

作業用に丸太を置く場所を考えないとね。。

 

 

あと何本か剥いて気付いたけど、丸太の凹み部分が腐ってる?率が高かった。

凹み部分に水が溜まり、それでその部分が腐ったのか、もろくなってたりする。

何本くらいダメになってるんだろう。。

とりあえず剥いてみないと分からない。

伐採直後にさっさと貰ってこりゃよかったかー。

 

image

こいつは結構お気に入り。

どこかに使えたらいいな。