積雪と睡眠装備


天気予報によると、今日はこれまでの気温よりガクンと下がって、最低気温2度、えらい寒くなるとの事だったので、少し期待していた。

 

というのも、自分がどの程度の寒さまでテント生活で乗り切れるかというのを見極めるいい機会だと思ったから。

 

パジャマ

睡眠装備を下から言うと、

image

裏地が毛布状のタイツ(800円位)

 

image

モコモコのズボン(500円位)

 

image

アディダスのジャージ(中学生くらいの時の)

 

上は、

image

白のドライTシャツ(300円)

裏地が毛布状の長袖(1000円位)

 

image

白のフリース(300円)、黒のフリース(貰い物)

を重ね着して寝る事に。

 

掛け布団

image

毛布(こたつ用、拾い物)

 

image

羽毛布団(拾い物)の2枚をチョイス。

 

この他にも後詰として、

image

肌掛け2枚(貰い物)

 

image

軽めの綿布団(こたつ用、拾い物)

 

image

敷布団のように重い掛け布団(拾い物)

 

image

寝袋(いつかアウトドアをしてみたいと思って昔買った物)

がある。

 

結果

寝汗をかいて不快になったので、途中でジャージとフリース1枚脱いだという感じだった。

もう5〜6度下がろうが睡眠に全く問題は無さそう。

 

image

湯たんぽも一応備えてあったけど、必要は無かった。

 

実は元々僕は極度の寒がりで、実家ではかなり厚着をしていたのだけれど、最近はかなり改善された気がする。

毎日体を動かし、きちんとビタミンやミネラルを摂取しているからじゃないかと思っているんだけど。

これを開拓健康法と名付けることとしよう。

 

 

image

翌朝、雪が積もっていてビックリ。

畑の水菜や二十日大根は大丈夫なんだろうか。。

 

image

タープ(ブルーシート)は雪や雨の重みで潰れていた。

まぁ、元々雨水が溜まって少しずつ低くなってきてたんですけど。。

 

 

冬の厳しさがこの程度だというなら、俺のテント生活はまだまだ続きそうです。