壊れた水タンクのコックを直す


今日は早朝から雨風が強く、タープがバタバタうるさい上に、水が溜まってずり下がっているしで色々不安材料が多く熟睡出来ませんでした。

 

 

仮設小屋でも建てようかなぁなんて気に再びさせてくれました。

これさえ無ければ快適なもんなんですがね。。

 

おまけに丸太にかけておいたブルーシートは一部ペロリとなって濡れちゃうし。。

 


雨でこれといってする事もなかったので先日「ま、いっか」と言っていた水タンクのコックの修理をする事に。

 

image

ビフォー

 

image

アフター

 

ドリルで穴を開けて、その穴に廃材を解体した時に出た釘を差し込んでおきました。

 

釘の先端は解体する時に叩いたからか若干丸くはなっているけど、それでもいつかケツの穴とかに刺さったりしそうで怖い。

 

そのうち削った割り箸にでも交換しようかな。。


追記

ケツの穴どころか、目にでも刺さったらもっとヤバそうなんで割り箸にしました。

image

安全のためにはもっと短くした方がいいんだろうけど長い方が使いやすいのよね。。

つか絶対すぐカビるよなコレ。