生存報告


image

今日は気温が高かったものの、風が強く、そして雨。

しかしながら昨日作った防風壁のおかげか、割と平穏に過ごすことができました。

 

防風壁のブルーシートや、丸太や廃材を覆っているブルーシートが飛ばされたりもしなかったようなので一安心。

 

少し前にもかなり暖かい日があって強い雨風になったんだけど、この季節ってのは暖かい空気なんかが頻繁に来て、そのたびに強い雨風になったりするんですかね??

天候をここまで気にして生きるようになったのはテント生活をし始めてからの事なのでよく分かりません。

 

もし頻繁に起こる事なら困っちゃうなぁ。

 


テント生活をしていてなんとなく感じたのは、「不安」というのは人間の精神に大きな影響を与えているんだなぁということ。

 

例えば雨風が強くなると、ブルーシートが飛ばされやしないかとか、テントが壊れないかとか、テントの中の濡れてはいけない物が濡れはしないかとか、屋外に濡れてはいけないものが出しっ放しになっていないかとか、そんな不安要素が次から次へと出てきちゃう。

 

そんな不安な事ばかり考えていると単純に湿度的な辛さだけではなく、精神的にも雨の日が辛くなってきてしまう。

 

「まぁ、そうなったらそうなったで」と不安に縛られないでいるのが一番楽そうだし、生き方としても憧れるのでそうありたいもんです。

 

 

こんな事言うと「だからさっさと雨風しのげる小屋を建てろ」と突っ込まれそうですけどね。