弁当と砥石の面直しと餅


おはこんばんちは。

最近は朝7時半に起床という早寝早起き(自分にとっては)のはるはらです。

 

 

今日も朝の7時半に起床。

前日の夜に買って来た7割引牛カルビ弁当(100円)を朝飯にします。

 

最近は惣菜や弁当は7割引じゃないと買う気が起きません。

半額になったパンに浮かれて全種類の食パン菓子パンを制覇しようなんてワクワクしていた自分はまだまだ甘ちゃんだったのだ。。

 

どうせ夜はテントにいても携帯をいじってばっかなのでチャリで値引き品を求めて買い物に行く事が多いです。

 

 

ただ、弁当の嫌な所は冷たいという所。

電子レンジがあればいいけど、まだ電気すら来てません。

 

いつも温かい飲み物と一緒に食べる事でごまかしていましたが、今日は雑炊にする事にしました。

image

お湯を沸かし、ほんだしの粉とご飯を入れて沸騰したら肉やらなんやらを入れました。

 

半額弁当の類は大抵賞味期限が深夜だったりするので、次の日に食べるという選択肢は僕の中には元々無かったのですが、からまつさんがやってるのを見て「そういえば食パンの賞味期限は気にしてないのに弁当の賞味期限だけ律儀に守るのもおかしな話だ」とあいなりました。

とは言ってもパンと弁当じゃ腐りやすさが違うだろうという事もあるので、一度火を通すというこの雑炊テクは一石二鳥の大発明なんではないだろうか。。

 

まぁ、同じく昨日の夜に買って来た昼飯の弁当は炊き込み御飯だったので雑炊にするのを躊躇して、冷たいまま食ったんですが。。

ただ、今思えば炊き込み御飯なんて雑炊に入れるものと同じようなもの入れて炊いてるだけなんだから構わず雑炊にしちゃえば良かったんですが。

 

 

そして作業。

の前に砥石の平面を出す事に。

砥石の同じ所でばっか研いでいると、そこばかりどんどん減っていき、うまく研ぐ事が出来なくなってしまうのです。

一応全体を万遍なく使って研いではいるつもりだったけど、平面でなくなってきた感覚があったので砥石同士をこすり合わせて修正する事に。

 

image

スリスリ

 

目の細かい青と黄色の仕上げ砥石はガンガン削れていきますね。。

なお、上の黒と茶色の百均砥石の他にもう1つ百均砥石があるので、まずは百均砥石同士で擦ってます。

 

 

最初は単に「ガーッ」という音を立てて擦れるだけなんだけど、平面が出てくるとピタッとくっついたりヌメッと滑るような感覚が出てきます。

image

ある程度削ったのがこちら。

削れた所だけ綺麗になってるのでよーく見ると分かると思うんですが、やはり真ん中ばかりが減っていたようです。。

今までは緩やかな凹みだったので触っても分かりませんでしたが、一部を平面に削った事で、触るだけで境の凹みが分かるようになりました。

こんなに凹んでたのか。。と俺の心まで凹む。

 

そしてノミを研いだ後、軒桁の作業

image

一発で軒桁に柱のホゾが入った。

うおー、すごい!

 

だけどゆるくなると修正が効かないからギリギリ入らない程度に作って2度目で入れる位が丁度いいのかもしれない。

 

image

あと一箇所作ればとりあえずは逆さまにしなくても安定します。

 

そして夕飯。

image

賞味期限が近くて安売りされてた12個入り餃子40円。

なんとかスキレットに全部入れる事ができた。

ホッ。

 

image

焼き加減もばっちしですやん!

餃子をおかずに食パンとキャベツが進みます。

 

続いて1kg100円と安く買えた切り餅があるので、海苔なし磯辺巻きにする事に(磯辺巻きじゃないよね。。)。

 

先ほどのスキレットで2つ焼いて食べた後、さらにもう2つ焼く事に

image

今度は直火。

あっという間に焦げる。。というか燃える。

餅が燃えないようひたすら動かしながら焼く。

 

うまし。

 

こんなに安く生きられるなんてぼかぁ幸せだなぁ。

梁と軒桁の作業2


昨日に引き続き梁と軒桁の作業をします。

image

梁にノコギリで切れ目を入れてノミで削ります。

 

image

続いて段もつけて

 

image

次は軒桁の溝を掘ります。

こういう所を削るのは楽でいいですね。

 

image

こんな感じで掘っていきます。

 

image

続いて軒桁に穴を掘ってる最中

 

image

腰に負担がかかるのでクワで整地してから、パレットと重量ブロックで台を作りました。

 

クワを振ったのは久しぶりですね。

 

image

そしてこんな感じになりました。

上下逆になってます。

自立してると一気に出来てきた感があってなんか嬉しいですね。