ノミで凹む


この前も書いたけど、ノミの右上が歪んでいてうまく研げなかったので、ノミを研いで平面を出す作業をしていた。

 

そしてふと気付く

image

あれ?このノミって砥石で研ぐ部分こんなに広かったっけ?

 

前に欠いてしまったノミと比較してみる

image

うぎゃー!全然ちげえ!

 

これじゃあ刃の角度がきつくなって薄くなっちゃってるじゃん!

切れ味は良くなるだろうけど、刃が欠けやすくなっちゃう!

 

なんか研いでる最中もこんなに角度きつかったっけ?って少し思ったりしたんだよ。。

 

いつからこんなになったんだ??

と思い昨日のノミの写真を見返してみる。

image

これが昨日の写真。

 

撮影のアングルが違うためよく分からないけど、そこまできつい角度にはなっていないように見える。

1日でこんだけ研いでしまったのか??

 

 

面に均一に力が加わるようにして研いでたつもりなんだけど、柄のほうにばかり力が加わってしまったのだろうか?

それとも先端部分は硬いので、均一に力を入れると柔らかい方ばかり削れてそちらに引きずられてしまうのだろうか。

あと最近になってノミの研ぎ方を変えたので、不慣れな研ぎ方だったというのもあるのかもしれない。

 

 

どうりで中々先端部分の歪みが消えないわけだよ。。

 

 

まぁ、物は考えよう。

最近はノミの技術も上がった事だし、そう簡単にはノミも欠けないかもしれない。

むしろ切れ味が良くなって逆にいいかもしれない!

さぁ、作業だ!

image

右上欠けた。

 

 

せっかくノミの平面を出すために努力していたが作戦変更。

これからは先端の方だけを研ぐようにして少しずつ刃を厚くしていこう。。

とほほ。。