たきびさんとかつやさんの小屋に遊びに行く


おはこんばんちは、はるはらです。

今回の記事は、前々回前回の記事の続きです。

 

 

 

前回、ブラウンズフィールドへ行く前の事。

 

たきびさん「ブラウンズフィールド行った後かつやさんの所に遊びに行きましょうか?」

はるはら「いいですね!行ってみたかったんですよ!」

たきびさん「でもかつやさんはこの前TVに出たばかりだから、今行くとTVを見て寄ってきたみたいになっちゃうなぁ・・」

はるはら「たきびさんって随分と細かい所を気にするんですね・・」

 

 

twitterでかつやさんにダイレクトメッセージを送ってみた所、快諾してくださったので、14〜15時頃に伺うことを告げたのだった。

 

 

かつやさんとは?

 

かつやさんとは千葉の九十九里で小屋暮らしをしている方で、ブログやニコ生をやっている他、新聞やTV取材などもちょこちょこ受けている小屋暮らし界の有名人である。

 

 

つい最近もNHKの「所さん!たいへんですよ」という番組に出演されたらしい。(僕はまだ未視聴)

 

 

ちなみに僕は千葉の土地を買う前から、かつやさんのニコ生で視聴者として小屋暮らしのお話を聞いていたりしたので、僕にとって最も精神的に身近な?小屋暮らし人である。

 

 

九十九里へ

 

「海の駅九十九里」でかつやさんへのお土産を買っていく。

僕はサーターアンダギーを、たきびさんはアジの干物を買った。

 

はるはら「九十九里ってサーターアンダギー有名なんですかね??」

たきびさん「沖縄ですよ」

はるはら「ですよね・・・」

 

 

 

かつやさんの小屋の近くまで行くと、前方に自転車に乗ってる人が。

 

・・・

たきびさん「ひょっとしてかつやさんだったりして」

はるはら「それ今、俺も思ってたんですよ!似てますよね!」

・・・・

はるはら「あ、眼鏡してる・・ってか本当にかつやさんですよ!アレ!」

たきびさん「速度落として、後をつけてみましょう!」

 

 

かつやさんの小屋へ

そんなこんなでかつやさんの小屋に到着。

 

 

立派なポストが!

 

はるはら「(シャレオツ度で言えば、小屋よりポストの方が上だな・・)」

 

あとは悲劇?の基礎コンクリートの施工がキレイでした。

さすが左官学校に通われていただけありますね!

 

 

ブログで見た自作のモルタルの切り株がたくさんありました。

 

 

相当使い込んでいると思われるロードバイク。

 

 

おぉ!これが井戸に設置されたドラゴンポンプ!

シュコシュコしてみるとあまりにも軽くてびっくり。

井戸ポンプというのはもっと重い物だと思っていた。

ドラゴンポンプだからかな?

 

 

ブログで見た懐かしきロケスト達。

 

 

文明の利器である冷蔵庫と洗濯機は、小屋の外に置かれています。

はるはら「洗濯機いいですよねー。洗濯機が無いから、服を汚したくないと思ってしまい、汚れ作業が大胆に出来ないんです・・」

かつやさん「シャワーもそうですね。さっぱり出来ると思うからこそ、大胆に汚れ作業が出来ます」

はるはら「あー、あるある!なるほど、確かに!」

さすが先人。

あるあるネタになった。

 

 

鍋やヤカン、保温調理器まであった。

結構色々な物がありますよね・・。

 

 

トイレ小屋

はるはら僕の小屋より立派ですね」

かつやさん「だってアレ0円じゃないですか」

はるはら「まぁ、そうなんですけど・・」

 

 

かつやさん「中見ます?」

はるはら「あ!いいですか!是非!(ドキドキ)」

 

かつやさん「キレイにしたんで空ですけど」

はるはら「・・なんだ(ちょっとガッカリだな)」

 

 

 

飲み物選び

かつやさん「コーヒー、麦茶、◯◯(忘れた)、何飲みますか?」

 

はるはら「(かつやさんは良くニコ生でコーヒーを入れているんだよなー・・よし!お手前を見させて頂こう!)コーヒーでお願いします!」

 

たきびさん「どれが一番楽なんですか?」

かつやさん「麦茶ですかね。もう作ってあるので」

たきびさん「それじゃ麦茶で!」

 

はるはら「・・・・(コレがコミュ力、常識、遠慮と言う奴か)」

 

そしてコーヒーの湯を沸かすために、火を起こす所からスタート。

 

たきびさん「火起こしている写真撮っていいですか?」

かつやさん「どうぞどうぞ」

はるはら「かつやさんはフリー素材ですもんね」

 

 

ケーキをごちそうになる

かつやさん「ショートケーキとチーズケーキどちらにします?」

はるはら「え・・たきびさん!じゃんけんで決めましょう!」

かつやさん「いや2つずつあるんで大丈夫ですよ」

はるはら「・・・それじゃチーズケーキで(準備良すぎやろ・・)」

 

 

小屋内でケーキを食べながらトーク

無礼にもジロジロと室内を見回したり、ニコ生しながらトーク。

 

 

屋根断熱、窓の雨漏り対策、医療としてのウンコ移植、俺が普段食べてる物の話、最近の小屋暮らしブロガーのお話、小屋暮らしに向いている作物などなど、書けることから書けないことまで様々なお話をしました。

 

かつやさんの知人である松野さんが、俺の動画を見て「この人はすごい」(だっけ?)みたいな事を言っていたと聞かされた時はすこし嬉しかったです。

(こんな非効率で無意味なことをやるなんて)すごいという意味かもしれんけど。

 

人手が必要になったら是非呼んで下さいとお願いしておきました。

 

 

そしてお別れ

夕方になったので、おいとましました。

手を上げて見送ってくれるかつやさん。

 

そのまま一度帰ろうとするも、写真を撮っていなかったことに気付く。

 

 

はるはら「あ、すみません。今のもう一回やってください。写真撮りたいので」

かつやさん「はいはい。任せてください」

 

はるはら「違うアングルからも撮らせてください!」

パシャパシャ

 

はるはら「(うーん、さすがポーズ慣れしている。何度もTV出演している人間はやはり違うぜ!)」

 

 

 

リアルで見るかつやさんは、思ったよりずっとガタイが良く、たくましかったです。

 

 

つか、そのTシャツいつも着てるんですか?

 

おわり

 

 

 

 

 

たきびさんとブラウンズフィールドへ食事と見学に行く


ども、はるはらです。

 

今回の記事は前回の続きなので、ブラウンズフィールドについては前回の記事へ。

 

 

本日の目的は、ブラウンズフィールドで昼飯を食べる&建築見学すること。

起床後ダラダラと二人で時間を無意味に潰した後、目的地へ出発。

 

 

ブラウンズフィールド

到着

 

 

なにやらテントがある。

写真じゃ伝わらないかもしれないがかなりでかい。

最大高さ2.8m位??(よく覚えていない)

風で飛んだりしないのだろうか。。。

 

 

稲刈りしている人達や、寝っ転がってる人達や、ハンモックに揺れている人や外国人もいる。

なんだか想像以上にたくさんの人がいるので、誰がスタッフで誰が客か分からん。。

そもそもどの建物で飯を食べるのかすら分からぬ。。

 

 

左の方にピザ窯がある建物が・・

 

 

どうやらココがレストランのようだ。

 

 

 

そして中へ・・。

 

うおおお!

 

梁や柱、漆喰の壁に大興奮する俺。

 

 

店員さん「お好きな席におかけください」

 

うおー!色々あるし全部ちがう!どれもシャレオツだぜ!

 

 

むむっ!ロフトもあるぞ・・。

 

 

ロフトの窓は割りとハイテクだな・・。

 

席もあるぜ!

 

うろちょろしていたら店員さんが水を持ってきてくれました。

店員さん「お席決まりましたか?」

はるはら「あ、す、すみません、も、もうちょっと考えさせてください!」

 

たきびさん「はるはらさん、ここにしましょうよ」

はるはら「いや!たきびさんもうちょっと考えましょうよ!」

たきびさん「ここでいいじゃないですかーw」

はるはら「え、あ、じゃぁそこで」

店員さん「はい、かしこまりました」

 

天井からぶら下がっていたひょうたんから駒、では無く音楽が流れていた。

 

ライト

 

うーん、いちいちシャレオツだ・・・。

 

 

そして料理。

 

1200円なり。

 

 

無農薬、有機栽培、地元の旬の野菜などが売りのいわゆるオーガニック?なお店だし、こういう所はやはり値が張る・・。

 

(今この記事書いてて思ったんだけど俺も普段、無農薬&有機栽培で育てた旬の自家製野菜を使い、1食50円ちょい(卵3個=30円、パスタ=20円、野菜0円)で自炊しているんだった・・。パスタや卵、調味料は市販品だけど・・。)

 

 

同じものを2つ頼んだのだけれど僕とたきびさんで、かかってるドレッシングが違った。

 

店員さん「こちらは柿のドレッシングで、こちらはパッションフルーツを使ったドレッシングです。もしよかったら両方お試しください」

 

ちょっとしたサービスがニクいね!やるじゃないの!

 

たきびさんのレタスを貰う。

たきびさんが俺のレタスを貰う。

うふふ、カップルみたい。

 

なお食器も自家製なのかBrown’s Fieldと書いてあった。

 

 

まぁ、料理はお高いが、現代建築らしからぬ小屋を作りたい僕にとっては、建築や異文化?の見学料も兼ねると思えば決して高くはないお値段かもしれない。

 

 

たきびさんにおごってもらったけどね!

 

 

 

こちらがレストラン入口の横にあったピザ窯(&子猫と遊ぶ美幼女)

 

 

すこし離れたところでは太鼓?の演奏で女性が「翼をください」を歌っていた。

 

 

ツリーハウス・・・?

 

どうも左の小屋はトイレらしい。

屋根に草が沢山生えている・・素敵やん。

ただこれ、憧れるけど、どうも中々難しいくさい(雨漏りしやすい的な意味で)。

 

・・そういえばトイレに行きたかったんだ。

 

オーガニック系?のお店・・空中にそびえるトイレ・・。

水洗式とは思えぬ。

ついにコンポストトイレを初体験することになるのか・・。

 

 

やったぜ!

 

 

 

 

ほほう、やはりおしっことウンコを分けるタイプか。

一緒にするとおしっこの水分で臭いが酷いことになっちゃうらしいからね。

使ったトイレットペーパーは横のカゴの中に捨てるらしい。

 

張り紙には書いていなかったが、横の壺に入った物はウンコにかけるミント入りのオガクズ的な物だと思う。

これでウンコの水分を奪い、悪臭を防ぐと思われる。

 

 

なおトイレ内は形の凝ったステンドグラスや窓がいくつかあり、ムッとした暑さや暗さが気になるようなことは無かった。

 

悪臭を覚悟していたが、全く悪臭もしなかった(便器の蓋をあけたら若干コバエ?がいたが)。

そもそもウンコが一人分程度しか入ってなかった。

やはりお店なので頻繁に空にしてるのかなと思ったが、開店直後だったからかもしれない。

 

 

というかシャレオツ。

 

 

俺もトイレを作るなら最低でもこの位のレベルでないといけないな・・(じゃないと女の子を呼べないぞ・・呼ぶ相手居ないけど)

と思うはるはらであった。

 

 

 

 

 

なお、地上には普通に水洗トイレがあった模様。

しかも風呂&エアコン付き。

 

うーん、天窓が屋根の頂上に設けられており、天井の骨組みが複雑だ・・。

 

 

こちらが外観。

シャレオツである。

 

 

こちらはスタッフ小屋。

 

 

下には山羊もいたよ。

 

 

 

今日はもう1つ予定があったため、早々に切り上げて次の目的地へと向かうのであった。

 

 

つづく