ライスデー房総2017に行く


ども、おはこんばんちははるはらです。

 

今日はたきびさんとライスデー房総2017というイベントに行って来ました。

 

場所はいすみ郡大多喜町にある大多喜ハーブガーデンという所。

 

 

いざイベントが行われている温室の中へ。

 

通路には枕木?が大量に敷き詰められていた。

シャレオツであるが高くつきそう・・・。

 

温室内にも小屋が!

 

床は土の上にレンガを置いた構造。

 

むむっ!これは追っ掛け大栓継ぎじゃないか!

パッと見、それっぽく見えるように作られているだけの小屋かと思ったら、きっちり作られていた。

 

こちらが中。

カッコいい!

 

温室内には41の出店があり、無農薬、玄米粉、ノンシュガー、アレルギーに配慮といったお菓子を売っているお店が多かった。

ちなみにこの間行ったブラウンズフィールドも出店していた。

 

他にも木工や陶芸品を売っているお店も。

 

木工

中でも寄木細工などで作った物を売っている「atelier dehors」というお店があり、行ったりきたりもしつつ随分と長い時間眺めてしまった。

 

 

 

木は未着色で、材を使い分ける事で色を表現しているらしい。

 

寄木細工だけでなく、レジンを使ったアクセサリーなんかも売っていた。

 

 

 

これは僕の偏見だけど、男というのはハガネとかステンレスとかアルミとか革とか、そういう素材に憧れるのが健全だと思っていた。

当然、僕は健全な男の子なのでレジンと言ったらガレージキット(フィギュア)レジンという素材に思い入れは無い。

レジンでアクセサリーを作るという手法がある事は知っていたけれど、正直あまり関心がなかった。

 

でもちょっと考え変わりました。

すごく綺麗でした。

 

食器も売ってた。

 

 

 

 

どれも大変クオリティが高かった(値段もだけど)。

どうぞ手にとって見てくださいと言われたので沢山触りながら見たけど、値段やクオリティに内心ビクビク。

 

 

あと竹細工を売っている農処Shikiというお店もあった。

 

 

 

こちらもどうぞ手にとって見てくださいねとおっしゃるので、手にとって凝視する。

作りが実に丁寧!

よくもまぁこんな丁寧に作るなぁと思いつつも、素朴な美しさに見惚れて片っ端から見ていった。

 

手作りの一品物に触れられるというのは店側からしたら不安の要素も多いと思うのだけれど、遠目に見るだけじゃこういった品の魅力というのは伝わらないからこそ、触れてよく見て欲しいという思いがあるのかなぁと思うはるはらであった。

 

 

せっかく来たので食べ物も買ってみる事に。

こちらは食べかけの本葛とイチジクを使った葛餅(食べる前に撮影するの忘れた)。

甘さが超抑えめ(砂糖不使用?)だからか、味わったことのないアンコの味がした。

「これが小豆本来の味なのか・・・」

 

こちらはノンシュガーのアップル&カスタードパイ。

多分甘味はリンゴだけ。

普通に美味しかった。

 

実は試食で他の店のお菓子(やはり甘さ超抑えめ)を食べた時は特別美味しいものでもないなと思ったけど(甘いと思って口に入れたし)、舌が慣れてくると十分美味しい。

 

量食えるし、食事がわりにもなりそうなので、これからお菓子作るときは僕も甘さは超抑えめにしようと思うはるはらであった。

 

 

最後に

前に行ったいすみのブラウンズフィールド同様、やはり今まで触れたことのない文化であった。

さらに割とつい最近、「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)という本を読んだのだけれど、まさにそんな小商いの世界でもあった。

千葉のいすみ(今回はいすみ郡だけど)はこういうイベントが頻繁に行われてるイメージがある。

こういう独自色があるっていいね。

 

あ、あと自分も木で何か作りたくなりました!

なにがいいだろう?皿、スプーン、コップ、ブレスレットとかもありだろうか。

 

 

って小屋がまだでしたね。てへぺろ。

 

YouTubeに畑の動画を2本アップロードしました。


おはこんばんちは、はるはらです。

 

そういえばこの間、久し振りにYouTubeに動画(2本)をアップロードしました。

今は冬だというのに初夏に撮影した映像だったり・・ごめんなさい。

 

 

動画の更新もツイッターでつぶやくかのように気楽にできればいいんだけどなぁ。

動画だと「きちんと編集して、それなりの物にしなければいけない」って気持ちになっちゃう傾向があるんですよね。

気負わずにやっていくよう心がけようと思う。