自分で電気を引く(ポール入手編)


まえがき

正直、電気が無くても問題無く生活できているので「電気なんて要らないんじゃないか?」とか、

とは言えいざ電気が来たら「もう電気が無いと生活出来ない」なんてなってしまいそうなのがなんか嫌であまり電気を引くのに乗り気じゃ無いはるはらです。どうもこんばんは。

 

僕の場合、別に東電がどうのとか、原発がどうのとか、そういう考えがあってのことでは無いんですけどなんなんですかねこの感情は。

更に言うと僕は物を捨てられない人間だし、捨てようとも思わないので電気まで切り捨てるミニマリストというわけでも無い。

オフグリッドに憧れてるのかな?

あとはひょっとしたら電気にロマンを感じていないからなのかもしれない。

そもそも僕の理想の小屋というのは歴史映画に出てくる昔の農民の小屋のような家とかそんなんであって、当然そこには電気が無い。

あと無人島に漂着とかそういう話も好き。

当然無人島にも電気は無い。

電気を引いてしまうと、もう別物。

なんか悲しい。

そんな風に感じてるのかも。

 

知らんけど。

 

とは言ってもいずれはノートPCくらいは使いたい。

さすればコンセントは必須!

いや、でもmacbookの充電方式がUSBになったしソーラーでいけちゃうんじゃん?とか考えてみたりするものの、ポールが届いちゃったんだから、もう仕方ないよねっていう。

以上まえがきでした。

 

 

引き込み方式

電気を小屋に引く場合、普通の家のように直接小屋に引き込むと、建築物扱いになり固定資産税とか建築基準法とか色々と面倒な事になる場合もあるようで、小屋ではなくポール(引込小柱)に引き込んでる方が多いようです。

小屋じゃなくてトレーラーハウスなんかに住んでる方も多分同じだと思う。

 

そして僕もポールに一度引き込む方式でいこうと思います。

 

ポールを選ぶ

ポールについて調べると、最も入手しやすそうなのがパナソニック製のポール。

他にも引き込み用としてポールを作っているメーカーもあるようだけど、パナソニックのように大手では無いので取り扱っている所が少なさそう。

 

ただ、周りの家を観察してみると、パナソニック製のポールを立ててる人は見当たらず、皆シンプルな溶融亜鉛メッキの鋼管に、ホムセンで売ってるようなパーツ類をつけて電気を引いている。

電気工事店に依頼するとそうなるんだろう。

絶対パナソニックのポールよりこっちの方が安いよなぁ・・・と思い、電気工事店に連絡してポールだけ売ってもらえるか聞いてみると

電気工事店「問屋に注文して切り売りしてもらってるので、長さを言ってくれればいいですよ」

僕「おいくらになりますか?」

電気工事店「値段は問屋から送られてくるから分からないです」

とのこと。

 

鋼管を売ってもらったとして、鋼管先端部分の処理とか、電線を引き止める部分の金具とか少々分からない事があったし、輸送の問題もある上、東電に「これじゃ電気引くの無理」とか言われると嫌なので、結局無難にパナソニック製のポールにする事に。

 

 

そしてパナソニックのカラーEポール(XDDC2663KA)に決める。

ジョイントタイプなので車での輸送も出来そう。

なおXDDC2663KAは、

  • 先端キャップ(DDE202A)
  • ジョイントカバー(DDF042A)
  • 下部柱(DDGH352A)
  • 上部柱(DDGR230A)

のセットです。

色はコーヒーブラウン。

 

あと引き止めボルト(DD007A)も。

 

 

なお型番の末尾がWのXDDC2663KWは色がアイボリー。

木が生えてるし、茶色の方が風景に馴染むと思ったのでコーヒーブラウンにしました。

 

このEポール、通販で買うと大きさゆえに送料がかなりかかる。

ホムセンにはパナソニック製の電設資材が売ってたりするし、取り寄せできるんじゃ?と思い聞いてみたところ・・・

取り寄せ可とのこと!

やったぜ。

 

上記の同梱パーツの内どれかの製品が無く、製造の目処も立って無いため、目処が立ったら連絡するとの話だったんだけど、受注生産だから注文しないとダメなようでしたとかなんか色々あって、ようやく手に入りました。

 

image

(丸太じゃないよ)

 

定価の2割引だったので、

  • ポールセット(XDDC2663KA)が27699円
  • 引き留めボルト(DD007A)が1002円

送料はかからずに済みました。

またホムセンで借りた1tトラックに問題無く積んで帰って来れました(有料での配送もしてくれるようだけど)。

 

開封

image

梱包といて丸太の横に並べておいた。

なんか橋の上に立ってる街灯って印象。

まぁ、単なる鋼管よりはシャレオツだろう。

image

地中に埋める側、きちんと中まで塗装されてる。

 

image

穴掘り器もついでに買いました。

確か2980円。

 

つづく

自分で電気を引く(ポール入手編)」への10件のフィードバック

  1. ポールを立てるのは電気工事士でなくても出来るんですけどね。
    試験によく出る問題でしたので覚えてます。
    ただ、ブレーカーを設置したり、コンセントやスイッチを設置するのに必要になります。
    どこにスイッチやコンセントやライトを設置しようか悩んでワクワク出来るのが良いところですかね。。

  2. 固定費のないloop電気は使えるのでしょうか?
    使えれば使用0で0円のはず

  3. looop電気いいですよね。

    新規で電気を引く場合は、東電に引いて貰わないといけないのですが、東電から「最低1年(うろ覚え)利用して頂けない場合、引き込み工事の費用を請求する」とのお話がありました。
    なんで東電以外と契約する場合は一定期間経ってからになるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。