新たな土地を探す


おはこんばんちははるはらです。

 

実は最近新たな土地を探しています。

 

元々僕はもっと山奥の土地が欲しかったのですが、

  1. 一人であるが故、動けなくなるような怪我を負ったときのリスク
  2. 車orバイクなどの初期投資が必要になる
  3. 不便な環境で自分がやっていけるのか分からない
  4. 虫が多そう
  5. 山奥の土地は売りたくなっても簡単には売れない
  6. 近くに店が少ないと物価が高い
  7. たまたま利便性がよく、安く手に入りそうな土地があった

といった理由があって今の土地を買いました。

 

この土地は自転車があれば、それほど不便しないような所なので普通に暮らす分にはいい所だと思うんですが、小屋を建てた後どうするの?っていう疑問がずっとありました。

 

現状の、断熱性能のだの字も無い波板一枚の”仮設小屋生活“ですら「大した不便もない普通の生活」になりつつある僕にとって、小屋が完成した後の”小屋暮らし“は実家での便利な暮らしと大して変わらないようにすら思える。(強いて言えばインテリアにこだわるというのが最後の楽しみとして残ってはいるのだけれど。)

 

他の事に挑戦出来ればいいんだけど、陶芸やドラム缶風呂などは民家が近く出来ないのであまり発展性がない。

 

鶏やヤギを飼いたいという気持ちがあるし、それなら可能だろうけれど、一人で生き物を飼うと留守にすることが出来なくなりそう。

僕がいなくても誰かが面倒を見てくれるようにするには、小屋をいくつも作って人を呼び込めばいいんじゃと思うわけだけど、それをするにはこの土地は狭いし、自然に囲まれ雄大な景色が広がっているとかってわけでもないからあまり魅力的ではないと思う。

 

 

ってなわけで色々自由にやれそうで、今の土地より広めの山林を探しています。

 

文字が多くなったので具体的な土地探しの話はまた次回。

 

 

つづく

新たな土地を探す」への8件のフィードバック

  1. こんにちは。
    ドラム缶風呂、いいですね(^^)
    私は内房に11年住みましたが、海っぺりは冬に大風が吹いて
    火事が多かったせいか、薪を燃料にしたり外での焚火には寛容じゃなかった、
    というか住民の気性が荒いので、ものすごいクレームが来ます。
    薪を燃料にしたりヤギを飼ったりされたいのでしたら、
    秩父のような山国がいいかもしれないです。
    というか、現地の人も似たような生活しているので、それがフツウというか、
    すごく寛容ですよ(^^)

  2. >夏海笑さん
    おぉ!夏海笑さんじゃないですか!
    いつもブログ拝見させて頂いてます!
    夏海笑さんの感性や挑戦心に僕は尊敬の念を抱いております。
    僕が歳を取っても夏海笑さんのように新しい世界に踏み出せるような意志を持っていたいものであります。

    秩父良さそうな所ですよね!
    ただ、要は小屋のゲストハウスのような事をしようかなぁと思っとるわけですが、秩父だと冬の交通がネックかなぁと思っていたりするんですよね。
    どこまでやるかは分かりませんが、割と野心的に考え、スタッドレス履いてない人でも安心して冬に来れる場所の方がお客さんを呼び込めるかなぁと。。
    ただ、雪が降る場所の生活に憧れたりもしますけどね。

  3. こんにちは。初めまして。ユーチューブでコメントしたことはありますがこちらでは初めてです。

    新たに土地をお探しとのことですが、たとえば僕の自宅の近くにある森の中の旧分譲地(山武です)では、人里離れた山奥ということもないのですが、アクセスが悪すぎて、馬を飼っているトレーラーハウスが一軒のみ、なんてところもあります。私事ながら僕も現在土地探し中なのですが(普通の住宅用ですが)、建物がほとんど立っていない分譲地ではたまに居住用と思われる小屋を見かけます。

    周囲に人が居なければ、割と旧分譲地でも好き勝手(?)出来るのでは、とは思います。僕も20代の頃、空き家バンクを利用して信州の山奥の村に暮らしたこともありますが、普通の集落でしたので、焼却炉を使って枯れ草を燃やしたりしていたときは一言注意されてしまったりしました。地域性も影響するかとは思いますが、やはりロケーションが重要かもですね。

    ただどの家も薪ストーブでしたからその使用は問題ないです。河原で流木も拾えますし。

    個人的には房総の他は信州もおすすめですが、スタッドレスは必要になってしまうし暖房なしで過ごせる気候ではないので、地価の安さと気温で考えたら、房総半島の南の方がよろしいかとも思います。伊豆の方が暖かいとは思いますが、多分、伊豆より安いです。

  4. >吉川祐介様
    初めまして!YouTubeから来てくださったのですね!ありがとうございます!

    馬を飼ってるトレーラーハウスですか!
    なんか良いなぁ。
    僕も馬を飼いたいって気持ちはあるんですよね。
    ただ大変そうだし現代において、馬は道楽でしかないのが難しい所ですかね・・・。
    あと実際に馬を間近で見てみるとその大きさに怖くなってしまいます・・。

    人がいない分譲地の良いところは害獣害虫にそれほど悩まされないとか、必要になったら簡単に平地を買い足せそうとか、スギ花粉などに怯えなくても良いって所でしょうか。
    アクセスが悪いといっても山中よりは良いでしょうし。
    確かに千葉はそういう場所が結構多いですよね。

    長野には行ってみたいところがあって(大鹿村のふりだし塾という所です)、行こう行こうと思ってはいるのですが、土地を買って千葉に来てしまったり、新たな土地を探し始めてしまったりで結局まだ行けてません。
    なんだったら長野の山奥に移住もありだと思うのですが、冬になると他県から人をあまり呼べなくなりそうなのがネックですかね・・。
    あと、僕自身は東京に行く機会があるわけではないのですが、人によってはそこも重要そうなので「やはり千葉あたりが無難なのかなぁ」なんて思ってます。

    今はとりあえず、この土地においてある丸太や道具を持っていけるような近めの場所を探している感じです。

  5. 山奥にはるはら村。楽しそうでいいっすねー
    今の土地にはもう小屋建てないのかな?

  6. >haruharaさま

    山武は山武杉として知られる杉木の産地なのでどこも杉林です・・・・。僕は花粉症ではないのでわからないのですが、ちょっと花粉がきついかもしれません。

    ところでご返信を読んでちょっと驚いたのが、実は僕の住んでいたのはほかならぬその大鹿村です。僕はふりだし塾のある鹿塩でなく大河原の赤石荘の近くでしたが。せっかく空き家バンクで手配していただいた家屋が、いざ所有権を移そうとしたところ、家の中から出てきた謄本が昭和24年のもので(笑)、所有権を自分に移せず、結局家屋もほったらかしのまま、生活難のため出てきてしまいました。心残りはありますが私も現在は千葉での暮らしになってしまいましたのでなかなか再訪できないですね。

     もし大鹿村が候補でしたら、大鹿村の村営住宅は空きがあれば独身者でも入居できるはずです(実際に20代の独身者の入居者が居て、ともに消防団に入団していました)。村営住宅ですと地域の活動の参加が断りにくい雰囲気になるかもしれませんが、まずは村営住宅で足固めをして土地探し、という手段も可能かと思われます。

     大鹿村には、山奥で暮らす人もおり、南部の山間部には、50年前の豪雨で被災して廃村となった集落もあります(私が住んでいたときは数戸の住宅が残っていました)。冬季は氷点下13度程まで下がりますが、環境は素晴らしく、日本一美しい村の名に恥じない環境でしたね。

  7. >900Rさん
    他にいい土地が見つかればそっちに建てようかなぁと思ってます。
    近ければ丸太持っていけば良いだけですし。

    あくまで良い土地が見つかればですが。

  8. >吉川祐介さん
    うっ、山武が杉の名産地とは知りませんでした。
    山武市。。危険かもしれない。。
    花粉症を治せたらどんなに良いことかと思いますけど。

    >大鹿村
    お住みだったとはなんたる偶然!
    いやはや、なかなかすごい確率のような。。

    大鹿村には興味があって色々調べたりもしたんですよー。
    ちなみに大鹿村騒動記という映画も見ました。

    村営住宅かぁ、さすが住まれていただけあってお詳しいですね。

    自給自足とか昔の生活文化などに興味がありますし、土地を売りたい人がいたら紹介してくれたりするかもなんて思いもあり、ふりだし塾に泊まり込んで色々体験しながら土地を探すのもありかなーと思ったりしてました。

    当初長野の寒さは自分には無理かもしれないと思ったりもしましたが、千葉とは言えテントで大した苦もなく冬を越しましたし、人間慣れだなぁなんて思うようになったので長野でもなんとかなる気はするんですよねー。
    景色も美しそうですし。

    移住しないとしてもいつかは訪ねてみたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。