土地探し その7:個人売買なら安くしてくれる?


前回(その6)からの続き

その1はこちら

 

前回のような実情を踏まえ、固定資産税や相続、管理費などの問題で土地を手放したいと思っていても売るに売れない人達の状況を考えると、競売の土地ですら高く思えてきた。

不動産屋さんや競売じゃ値切れないが、個人売買ならかなり値下げしてくれる可能性もある。

 

 

個人売買で買える土地を探すにはジモティーというサイトや、厳密には個人売買ではないと思われるが家いちばというサイトも個人売買っぽく利用出来るみたい。

ちなみに現時点で家いちばには、0〜1万円で千葉の土地が売りに出されていた。

まぁ、連絡してみたら応募が結構来ているので、一番高い価格を提示した人に売りますとの事でしたが。

 

 

ただ、土地を所有している人の多くは高齢者だと思われる。

こういうネットを利用した売り方が出来る人達ばかりじゃない。

 

他には”空き家バンク”なんてものもある。

空き家バンクは各市町村が主に定住促進のためにやっているんだけど、”各”市町村がそれぞれやっているため統合されていない上、役所仕事なので色々と面倒くさい。

が、その分利用者は少なそうので安く買えるかもしれない。

(こういうサイトを使えば探すのは楽になると思う)

 

放置された土地や空き家というのは草木が生い茂り、道を覆ったり害虫や害獣の発生源にもなるので役所に苦情がくることも珍しくないと思う。

気長に土地を探すなら、欲しいと思う土地が空き家バンクになくても、どんな土地を探しているか言っておけば、そういう問題が起きてる土地の地主さんに空き家バンクへの登録を薦めた上で、連絡をくれる市町村なんかもあるかもしれない。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。