餌なしで釣りをする(2日目)


おはこんばんちははるはらです。

 

(この記事は前回の続きです)

 

昨日に引き続き、たきびさんと朝から釣りへ。

 

昨日で、サビキの餌無しでも釣れる事が分かったし、カゴをつけると竿を上下した時にカゴが暴れ、ビクンビクンと手元に伝わり、魚のアタリが分かりにくいので、僕は今回最初から餌を入れるカゴをつけない事にしました。

 

僕「食わぬなら、食わせてみせよう、サビキ釣り」

 

が、なかなか釣れない。

 

 

ようやく釣れたと思ったらフグだった。

 

 

その後、同時に4匹釣れた!

コノシロ(コハダ)2匹と、小さいナニカ2匹。

 

 

「フィーバータイム!このままガンガン釣れるぜ」

と思いきや、全然釣れない。

たまたま回遊してきてただけか。

 

 

ガチっぽい釣り人が堤防の足元を攻めていいサイズのメジナを2匹ほど釣っていたため、自分も堤防のキワを攻めることに。

 

わーい、クエが釣れたよー!

(最初はカサゴかと思っていた)

超高級魚やん!

子供の頃だったら逃がすサイズだけど、今の僕はそんなに甘くはありません。

 

途中、堤防にまだ生きているアオイソメ(ミミズみたいなの)が3匹程落ちていたのでハリにつけた(貰えるもんは貰っとけ精神)。

餌のおかげか、はたまた僕の実力か、堤防のキワを攻めるとその後もクエが楽に釣れた。

 

 

その後、釣った小魚を餌にすると言うわらしべ長者的な餌の自給法を思いつき実践するもタイムアップ。

 

 

結果はたきびさんがコノシロ2匹、僕がコノシロ2匹とクエ6匹、謎の小魚2匹(内1匹は途中で餌として使った)、フグ1匹でした。

 

やっぱり釣りって楽しいね!

たきびさん、いつでもリベンジ待ってますよ!

 

唐揚げとかも考えたんだけど、後片付けも大変なので味噌汁に全部ぶち込みました。

なお「僕は小学生の頃には既に魚をさばいてました」とたまに語るんだけど、正直に言うと小学生以来、魚の料理はしていなかったので久しぶりに魚を相手にしました。

ウロコと内臓取って頭落としただけだけど。

 

 

そして小さいだけあってやはり食べにくかったです。

圧力鍋で調理すれば骨まで食べられると言うし、圧力鍋買えば小魚の価値も激変するよね・・。

釣りを頻繁にするなら是非、圧力鍋を手に入れたい。

 

 

 

そしてたきびさんからお土産を頂きました。

これは一体なにに使う物なんだろう。。

 

パッケージの説明書きによると、中には粘性の液体が入っているらしい。

 

なんとなく僕が持っているオリゴ糖シロップに似ていなくもない。

 

きっとこれもオリゴ糖シロップだ!

 

さんきゅー!たきびさん!

 

 

お祭り&釣りで自給自足?


おはこんばんちは。どうも最近遊んでばかりのようなはるはらです。

 

 

みんなでしあわせになるまつりin夷隅(いすみ)

たきびさんに誘われ「みんなでしあわせになるまつりin夷隅(いすみ)」というお祭り?に行ってまいりました。

旧車の展示なんかがメインっぽいです。

 

 

ちなみに前に行ったブラウンズフィールドもいすみ市という所にあるんだけど、いすみ市は割りと「移住」に力を入れている市という印象がある。

なんでも宝島社が発行している”田舎暮らしの本”の「住みたい田舎ランキング」で首都圏エリア総合1位なんだとか。

 

元々サーファー達が移住してきてた影響なんかで色々と柔軟なんだろうか?

 

古い車はかわいくていいね!

 

 

 

出店?なんかも出てて、ハーブの苗が50円で売ってたり、ハリネズミの飼い主募集とかそんなゆるい出店だった。

おそらく地元の人が出店してるんだろう。

 

インドの人?が本格インドカレーを300円で売っていたりもした。

それほどお腹も空いていなかったので買わなかったけど、せっかくだから食べてみればよかったなー。

 

 

 

 

 

その後たきびさんと釣り

仕掛けはサビキ。

サビキというのは、小さなカゴに餌を詰め、それで魚を呼び寄せつつ、疑似餌の付いたハリを食わせる仕組み。

 

 

割りとすぐ釣れた。

なんの魚か分からなかったけど、twitterでコハダと教えてもらった。

 

 

最初は餌も使っていたけど、カゴに餌を詰めるのが面倒くさいし、釣れる魚は餌なしでも釣れるだろうという考えで途中から餌なしで攻めた。

餌を買ってしまうと釣りで元を取るのは厳しい気がするけど、餌無しだったら可能性はありそうだし。

あと、餌を撒くと、「(せっかく餌をまいたのだからこの場所で粘ろう)」という気持ちが出て広範囲を攻める気が無くなるってのもあります。

 

結果コハダが4匹釣れました。

 

 

 

実は中学生時代、僕はお小遣いをルアーフィッシングにつぎ込む少年でした。

今となっては随分と無駄にお金を使ってしまったと後悔しているので、もう釣りにお金をつぎ込む気にはなれません。

 

実家にある、無くすのが怖くて一度も使ってないようなルアーや、ほとんど使っていない釣り竿等を、有効利用出来たらいいんですけどね。

 

そのままたきびさんの家に泊まることに。

なんというかこの身軽さがいいですね。

 

 

 

ウロコを取るたきびさんの図。

 

贅沢に炭火焼き。

 

肉も焼く。

 

 

残り物は翌朝ネコが食べてました。

 

無駄がなくていいですね。

 

つづく